年末年始

謹賀新年と恭賀新年の違いは?目上の人に年賀状を送る賀詞の選び方!

謹賀新年と恭賀新年の違い
そろそろ、お正月の準備をされる時期ですね。

文具店に行き、年賀はがきをいろいろ見ていたところ・・・。

「ねー、謹賀新年と恭賀新年ってどう違うの?」
と姪っ子に聞かれました。

漢字を勉強するようになって、いろいろ疑問が出てきたね、感心感心。

ええっと…。どう違うのでしょう?

答えられないので、謹賀新年と恭賀新年の違い等について調べてみました。

スポンサーリンク

謹賀新年と恭賀新年の違いは?

謹賀賀新年と恭賀新年の違いは?

結論から言うと、どちらも同じような意味で、大きな違いはないです。

ですので、
目上の人に年賀状を送る時の賀詞は、謹賀新年と恭賀新年のどちらでも大丈夫です。

謹賀賀新年と恭賀新年の違いについて、もう少し詳しく説明しますね。

下し読みをしてみると

  • 謹賀新年=つつしみて新たな年を祝う
  • 恭賀新年=うやうやしく新たな年を祝う

ということです。

もう少しわかりやすくすると

  • 謹賀=つつしんで=敬意をあらわしてうやうやしく物事をする
  • 恭賀=うやうやしく=相手を敬って礼儀正しく丁寧である

になります。

どちらも近い意味なので、同じように使って大丈夫です。
謹賀新年は良く使われているので、恭賀新年の方がちょっと特別な感じはしますね。

年賀状で目上の人に対して気をつけることは?

目上の人に年賀状を送る時は

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年

などの四文字の賀詞を使うのがマナー。
特に目上の方に使うのでしたら

などの言葉が入った四文字の賀詞が良いです。相手を敬う感じが出ています。

年賀状で、目上の人に使ってはいけない賀詞は
1文字の賀詞(寿、福など)
2文字の賀詞(賀正、迎春など)
です。

同じ喜びを表す言葉ですが、
1字、2字ですと丁寧さにかけます。

寿ぐはおめでたいですね、賀正は新しい年です、という意味ですので、ちょっとフランクすぎて相手に対する敬意にかけます。

なので、これらのものは使わないようにしましょう。

1字、2字のものは目下や友人に使います。

ちょっと砕けた感じで親密さを出したいときに、使ってください。

相手を選ばず使えるのは

  1. 明けましておめでとうございます
  2. 新年おめでとうございます
  3. HAPPY NEW YEAR!

などの、文章で新年を表した言葉です。
英語でも、目上の人に使って大丈夫でが、無難なのは、①と②ですね。

写真入り年賀はがきを作るときは、目上の方も友達も、同じものを使うと思います。

文章のお正月の言葉を使う方が、無難ですね。

スポンサーリンク

4字の賀詞と2字の賀詞はどんなものがある?意味は?

年賀状に使う賀詞の2文字と4文字にどんなものがあるのか調べてみました。

2文字の賀詞は

  • 賀正(がしょう)正月を祝う
  • 賀春(がしゅん)新年を祝う
  • 頌春(しょうしゅん)新年をたたえる
  • 迎春(げいしゅん)新年を迎える
  • 寿安(じゅあん)安らかであることを祝う
  • 景福(けいふく)大きな幸い
  • 吉祥(きっしょう)めでたいきざし
  • 栄耀(えいよう)大いに栄える

などがあります。
賀正、などはおなじみですね。

4文字の賀詞は

  • 謹賀新年(きんがしんねん)謹んで新年をお祝い申し上げます
  • 謹賀新春(きんがしんしゅん)謹んで新しい年をお祝い申し上げます
  • 恭賀新年(きょうがしんねん)うやうやしく新年をお祝い申し上げます
  • 恭賀新春(しょうがしんしゅん)うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます

他にも

  • 一陽来復(いちようらいふく)新年が来る、悪いことが去って幸運に向かうこと
  • 生龍活虎(うりゅうかつこ)生気に満ち、活気にあふれている。相手の健康や活躍を祈るときに
  • 永寿嘉福(えいじゅかふく)長寿と幸運をお祈り申し上げます
  • 鶴寿千歳(かくじゅせんざい)千年生きる鶴のように長生きをお祈りします
  • 笑門来福(しょうもんらいふく)笑う門には福来る
  • 人和年豊(じんわねんぼう)平和と豊かな年であるようにお祝い申し上げます
  • 麗春澄陽(れいしゅんちょうよう)うるわしい春に澄んだ日の光

なども。

こんな素敵な意味を持つ4文字の賀詞を、筆でさらさらと書いてお年賀として送れたら、素敵ですね。

良くある失敗!賀詞の重複

年賀状を書く上で良くやりがちな失敗を一つ。
「賀正」と書いたら「明けましておめでとうございます。」と書いてはいけません。
同じ意味だからです。

賀詞は一つのはがきに一つに。

そして、賀詞を使ったら、添え書きにも「明けましておめでとうございます」ではなく「今年もよろしくお願いします。」などとしましょう。

よく、「新年あけましておめでとうございます。」は、「新年」と「あけましておめでとうございます」の意味が重複しているから間違い!という説もありますが

「新年が明けた結果、おめでとうというのは変化の結果であるから正しい」という説もあります。

こちらは、どちらかというと好みの問題なのですが、一般的に
「新年あけましておめでとう」は間違いという意見が浸透しているので、
「明けましておめでとうございます」
「新年おめでとうございます」を用いたほうが無難でしょう。

賀詞ではありませんが、文末の日付も同様に重複しないようにしましょう。

「平成〇年1月1日 元旦」
は「1月1日」か「元旦」どちらかで大丈夫です。

まとめ

謹賀新年と恭賀新年の違い等については、ご参考になったでしょうか。

年賀状の書き方にも、いろいろ決まりがあるんですね。

去年は、もしかして、目上の人に2文字の賀詞を送ってしまったかも・・・

今年は良く考えて、年賀状の賀詞も選んで買ってみます。

賀詞に込められた相手を敬う気持ちが、新年からの印象付けにもつながりますね!

添え書きの賀詞の重複にも気を付けて。
知らず知らず失礼をしてしまったら、悲しいですものね。

年賀状関連記事
年賀状の書き損じの交換場所と手数料や期限・注意点は?
年賀状はいつから始まった?由来や歴史と送る意味にはこんなことが!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-年末年始

Copyright© らいふイキイキ~お役立ち豆チャンネル , 2020 All Rights Reserved.