ふたご座流星群2019の見頃や方角とピークの時間帯や個数は?

ふたご座流星群2019いつ

流れ星を見たことってありますか?

まだ見たことなくて、一回見てみたいな。
という初心者には『ふたご座流星群』がおすすめです。

毎年たくさんの流れ星が出現します。

日本の人気流星群 『ふたご座流星群2019』の見頃・方角・ピーク・特徴までご紹介します。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2019はいつ?見頃は?

2019年のふたご座流星群いつが見頃なのでしょうか。

■観察時期■

2019年のふたご座流星群はいつ?見頃は?

見頃①12月15日4時頃が、流星群の活動が最も活発になる(極太)です。

見頃②
12月14日22時頃から未明

見頃③
12月13日22時頃から未明

20時頃から流星が出現し始めますので、観察しやすい流星群です。

15日だけではなく、その前後の日でも見られる可能性は大。

数は減ると思われますが流星は出現するでしょう。

ふたご座流星群の活動している期間は、12月4日頃~17日頃まで続いていきます。

しかしピークから過ぎれば過ぎる程に出現数は少なくなります。

カレンダーと相談して腰を据える日を決めて下さいね。

お天気などの空の気分もありますし予測日以外にいきなり動き出すなんてことも。

当日を逃しても観測を楽しめるようですよ。

1番確実なのは、1日に絞らずに一定期間腰を据えて継続観察するのがおすすめです。

見逃したくない!!って方は、長期戦で時間もじっくりとって臨んでくださいね。

どの方角を見ればいい?

■観察方角■


どちらの方角で観察してもOKです。

空の範囲は広いですから先ほどお伝えした通り、で繁華街など街明かりがある方角を避けましょう。

夜空をより大きく全体的に見ていた方が、流星を見つける可能性は高いですよ。

■観察に適した場所は?■
空を広く見渡せる場所が最適です。

また、市街地近くは空が明るいので見にくいです。

流星の光は、街頭などの明かりに比べるととても弱い明るさになりますから

妨げる明かりのない場所選びで観察できる数も変わってきますよ。

都会では市街地から一歩離れた森林公園や空をなるべく広く見渡すことができる街灯などが少ない場所を選び、観察しましょう。

観察するのに適した地域にいくと星の数も、違いますから、きっとびっくりしますよ。

星を見ているだけでも心洗われる気持ちになります。

スポンサーリンク

ピークの時間帯や個数はどのくらい?

見える個数は最大1時間45個と言われいていますがこれは、十分に暗いところで観察した場合です。

月の明かりで左右されるくらいの明かですから、出来るだけピークに近いタイミングや場所選びで左右されます。

■流星ピークは?■

一番のピークは、12月15日4時頃の予想

見頃①の14日夜からピークに向けての時間帯だと流星出現は増加傾向です。

見頃②の15日ピークから後は、減少傾向になります。

今年の観察条件としては、ピークが5時頃の予想

■月明かりの影響■

2019年は、12月12日が満月で、満月過ぎの月明りで条件は良くないです。

月明かりを背にして流星観察するといいですよ。

少しの街明かりでも、影響のない方角を選ぶとよいでしょう。

また、暗闇に目を慣らしていくと、沢山見えるようになります。

昨年、ふたご座流星群を見逃してしまった

今年こそリベンジ!と思われている方も?!

■観察の際は■
望遠鏡などは必要ありません。

望遠鏡や双眼鏡などを使うよりも、肉眼観察がおすすめです。

なぜならば、一瞬で動く流星ですから、レンズを覗いて探すよりも、肉眼の方が探しやすいですよ。

立ったままで探すより、寝転がった方が楽に観察できます。

冷えますのでアルミの断熱レジャーシートやひざ掛けシュラフ等が、あってもいいですね。

12月の夜は、ものすごく寒いです

出来ればスノーウェアぐらいの装備で行きたいところ。

防寒はもちろん、野外ですので防風対策も必須ですよ。
暖かい飲み物もあると温まります。

アウトドアグッズをお持ちであれば役に立ちますね。

ところで、ふたご座流星群って何?

ふたご座流星群は

ふたご座付近に出現する流星群!毎年12月半ば頃に見られます。

■特徴■

  • 沢山の流星が出現する
  • 三大流星群の一つ(しぶんぎ座流星群・ペルセウス座流星群)
  • 一番多い年で一時間に45個以上の流星を見ることができる
  • 20時頃から夜半頃で見ることができ観察しやすい流星群

他の三大流星群の
ペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群は

どちらも夜半から未明を中心に流星が出現。

お子さんと一緒に見るのなら早い時間(20時)から観察できる

ふたご座流星群がおすすめです。

まとめ

流れ星を見ると、お願い事をしなくっちゃ!って

子供の頃に思っていましたよね。

流れ星は意外にも動きが早くて、お願いできないじゃん!

なんて思っていましたが、一時間に45個なら、お願い事ひとつくらいできるかも??

ふたご座流星群2019年

見頃 12月15日4時頃

  • ピークは12月15日4時頃
  • 場所 空が見渡せる出来るだけ明かりのない場所
  • 方向に決まりはありません。夜空を全体的に。
  • 寒いので風邪をひかないように!!

今年最後の流星観察に行ってみましょう!
そのまま冬キャンプなんてのも、アウトドアファンならいいですね。

流星観察は、美しい星空を見上げます。

夜の凛とした雰囲気を楽しみたい!

という方もいらっしゃると思いますので

叫び声など大きな声をださないよう

ルールを守ってふたご座流星群の観察を楽しみましょう。

「東京の星空スポット5選!都内の空にきらめく満天の星」についても調べてみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください