奥入瀬渓流の紅葉2018見頃やおすすめスポットと周辺の観光地は?

奥入瀬渓流の紅葉2018!見ごろはいつ
日本一美しい渓流と名高い、奥入瀬渓流。

奥入瀬川は、青森県と秋田県の県境にある
「十和田湖」を水源としております。

周囲は国立公園に指定されており、自然豊かな美しい姿を保っています。

春~夏の時期も、いいですが
紅葉時期の奥入瀬渓流は、とてもきれいです。

奥入瀬渓流の紅葉2018見頃や
アクセス・おすすめスポット・周辺の観光地についてお伝いします。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉2018!見頃はいつ

奥入瀬渓流の紅葉は
例年10月上旬に色づき始め
10月中旬から徐々に11月上旬まで見頃が続きます。

ただ…、2018年は猛烈な猛暑だったこともあり
平年並か少し遅くなりそうです。

10月下旬~11月上旬であれば、紅葉が見られるのではないでしょうか。

【奥入瀬渓流の場所】

【アクセス】

公共機関
◎東北新幹線「八戸駅」
◎東北新幹線「新青森駅」
◎東北新幹線「青森駅」
から、JRバスおいらせ号乗車「十和田湖温泉郷」か「焼山」へ(約2時間)

JRバスの本数が1時間1~2本と少ないので、帰りは乗り遅れる可能性が。
必ず運行状況をご確認くださいね

自家用車
東北自動車道「十和田IC」→「国道102号線」へ
十和田湖方面へ1時間半ほどの距離となります。

八戸や青森駅から、レンタカーで行く方法もあります。

紅葉時期の週末の土日には、国道102号線は交通規制がかかり、駐車場として使えるのは
●休屋(660台)※交通規制中は有料
●焼山(250台) 無料

ただし、紅葉の季節は本当に混んでいます! 早朝の移動をおススメします。

平日でしたら、石ヶ戸、銚子大滝の無料駐車場を利用することができます。

【交通規制】
奥入瀬渓流区間
「惣辺(そうべ)交差点~子の口(ねのくち)交差点」
2018年
10月25日(木)~26日(金)
時間:10:00~14:00

10月27日(土)~28日(日)
時間:9:00~15:00

「奥入瀬渓流の紅葉」のおすすめスポット

奥入瀬渓流の紅葉は、赤や茶色に色づく気が多いです。

もみじ、カエデ、ケヤキなどの赤い葉や、
みずなら、ブナなどの茶色い葉が主流です。
黄色いイチョウも、少しですが。

そして、渓流ならでは岩苔の緑も。
様々な色が楽しめます。

奥入瀬渓流全体では、
「子ノ口」~「焼山」までの14kmもの道のりです。
すべて歩くと5時間位かかります。

もちろん、その道のりは渓流の自然豊かな木々を眺めながらの楽しいものですので
足に自信のある方でしたら、ぜひゆっくりと全体を歩くのはおススメです!

私も歩きましたが、沢歩きとはいえ、道はなだらかで歩きやすかったです。

急流のマイナスイオンを浴びながらの道のりは、気持ちよかったですよ。

奥入瀬渓流の周りには一般道も並走しており
本数は少ないですが路線バスもあります。

疲れたらバスで移動することも出来ますので、無理せず楽しむことができます。

奥入瀬渓流マップ(星野リゾート奥入瀬渓流ホテル)

また、奥入瀬渓流の紅葉おすすめスポットは

  • 石ヶ戸の瀬(いしげどのせ)
  • 三乱の流れ(さみだれのながれ)
  • 阿修羅の流れ(あしゅらのながれ)1番有名な場所です。
  • 九十九島(くじゅうくしま)
  • 飛金の流れ(とびがねのながれ)
  • 雲井の滝
  • 銚子大滝

などです。
堂々たる眺めの水量流れや滝ですよ。
流れもキレイで、奥入瀬まで来てよかった・・・と思える美しさです。

バスを使って、ポイントごとに回るのもいいですね。
シャトルバスが20分間隔で出ています。
8:00~15:00
一日フリーパス 大人800円
バス停は全部で9箇所あります。
・焼山駐車場
・紫明渓
・石ヶ戸
・馬門岩
・雲井の滝
・雲井の流れ
・銚子大滝
・子ノ口
・休屋駐車場
で、所要時間は50分です。

「奥入瀬渓流シャトルバス」

また、レンタサイクルもあるので、紅葉散策にご活用ください。
(身長143cm以上の方限定)
◎奥入瀬渓流館
◎石ヶ戸休憩所
◎JRバス子ノ口
で借りられます。
・電動アシスト  4時間 1,500円
・シティサイクル 4時間 1,000円
(各30分毎 追加料金 300円)
焼山または子ノ口に乗り捨てが出来るので便利ですね。

奥入瀬渓流 「 楽チャリ」

おススメの時間帯は、何といっても早朝です。渓流のせせらぎが爽やかで美しいですよ。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流周辺の観光地は?


【蔦沼紅葉の早朝】
朝焼けの時間帯には、たくさんのカメラマンが訪れ
5:00には、赤のシンメトリーを写真に収めようとスタンバイしています。

周辺の観光地ですが
◎渓流の駅 おいらせ
◎蔦七沼
◎蔦温泉
◎十和田湖温泉
◎十和田湖
◎八甲田山
があります。

渓流の駅 おいらせは、奥入瀬渓流の玄関口にある道の駅のようなお店で
せんべい汁や十和田バラ焼きなどのご当地グルメが食べられます。
お土産も充実。

「渓流の駅おいらせ」

蔦七沼は南八甲田火山群の一つ赤倉岳の火山爆発によってできたものです。

蔦沼、月沼、長沼、管沼、瓢箪沼を結ぶ遊歩道があり
「沼めぐりの小道」が整備されています。

ブナの原生林と美しい沼を散策できます。(この他にも赤沼、鏡沼があり、あわせて7沼です。)
特に大きい蔦沼の紅葉時期の様子は美しく
澄んだ水面に紅葉がそのまま映る様子は幻想的です。

その他にも、近くに蔦温泉、十和田温泉など良い温泉場があり
ちょっと遠いですが、八甲田山もあり、こちらの紅葉も素敵です。

青森、秋田の自然を満喫できるスポットがいっぱいです。

奥入瀬渓流の紅葉時期の服装や持ち物?

紅葉時期の服装ですが、動きやすい服装は必須です!

長そで長ズボン、足元も運動靴にしましょう。

山奥なので、急な雨に備えてレインコートなどの雨具も必要です。
遊歩道は、道幅が狭いので、傘は向きません。

奥入瀬渓流の紅葉の見頃の10月~11月中は

東京ではまだまだ暖かい日もありますが
東北では秋から冬に入っていると思ってください。

特に朝晩の冷え込みがありますし、水辺の近くなので寒いです。
例年の気温ですと、10月下旬で最高12℃、最低2~4℃くらいまで下がります。

すぐ羽織れるような、防寒着も持っていった方がいいですよ。
かなり寒いです・・・

持ち物は、
スマートフォン、携帯電話などの
通信機器を持っていった方が良いでしょう。

バスなどの交通機関の本数があまりないので、何かあった時に便利です。

また、石ヶ戸休憩所(奥入瀬渓流唯一の売店)の先から
十和田湖まで、自販機も売店もありませんので

飲み物、お弁当、お菓子などは持参したほうがいいでしょう。
食べたら、ゴミは持ち帰りましょうね。

奥入瀬渓流は特別名勝、天然記念物
十和田八幡平国立公園に指定されているので、葉っぱ一枚でも持ち帰れません。

旅の思い出を収めるには、カメラなどを携帯しましょう。
思う存分、美しい風景を撮ってください。

また、足元を濡らしてしまった時や汗をかいたときなど、タオルがあると便利です。

お出かけ必需品の帽子は、日差しを遮る木陰が多いので特に必要ないかと思います。

アウトドアの必須アイテムの虫よけも
奥入瀬渓流は気温が低く蚊なども出ないため、優先順位は低いでしょう。

まとめ

奥入瀬渓流の紅葉2018!見頃等について
ご参考になったでしょうか。

奥入瀬渓流の紅葉も素晴らしいですが
夜の星空も、きれいです。

ホテルのツアーイベントで参加したのですが
山の中腹からみる星空はとてもキレイでしたよ。

星に手が届きそうと思えるくらいです。

夜の渓流は危ないので日中に楽しみ
夜は夜で自然を満喫するイベントに参加されてはいかがでしょうか?

新幹線で、ペットを連れて移動する場合
新幹線に犬を持ち込みについてお伝いしています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください