ズッキーニは生で食べられる?おすすめの食べ方と栄養や効能は?

ズッキーニ生で食べられる?
夏に出回るズッキーニ。

熱を通すとホクホクした食感と
苦みのないあっさりした味で、美味しいですよね。

フランスの野菜料理では
ラタトゥイユにするのが定番で

ズッキーニは欠かせない食材です。

また、オリーブオイルで炒めてもいいですね。

ただ、夏に火を通す暖かいお惣菜は、家族にウケが悪く…。

ズッキーニは、冷たくしたラタトゥイユばかり・・・

キュウリに似ているんだから、キュウリ
みたいに生で食べられるといいのに…。

と思い、ズッキーニについて調べてみました。

目次

ズッキーニ生で食べられる?おすすめの食べ方?

ズッキーニは生で食べられますが

緑色のものより黄色のものや丸ズッキーニ
が、やわらかくて生食には向いています。

緑色のズッキーニを生で食べる時は
ハリとツヤがある鮮度が良いものや
大きすぎない物を選びましょう。

大きすぎると中がスカスカになってしまい
美味しくないです。

また、注意点として
ズッキーニを食べて苦味がある物は
「ククルビタシン」が含まれていて

食中毒になることがありますので
食べるのは避けましょう。

加熱しても「ククルビタシン」の有毒成分はなくなりません。

ズッキーニ、キュウリ等ウリ科野菜には、ククルビタシンと呼ばれる苦味成分が含まれます。ニガウリの苦味もククルビタシン類によるもので、ごく低含量でも強い苦味を示すのが特徴です。少量の摂取では問題はありませんが、ひょうたん(ウリ科です)の実に含まれていた、ククルビタシンが原因と推定される食中毒の例もあるようなので、無理して多量に食べることは避けた方がよいようです。引用:農林水産省

ズッキーニ生でおすすめの食べ方

  • サラダ
  • 酢漬け(ピクルス)
  • 塩もみ

などがあります。

その際、大事なのは

  • 薄くスライスすること
  • 皮は剥くこと
  • 塩水につけアク抜きをする

です。実は、ズッキーニは、キュウリに似ていますが
「ウリ科 かぼちゃ属」なんです。
イタリア語で「小さいカボチャ」を意味する「ズッキーナ」が語源だとか。

ただ、カボチャは完熟した実を
収穫しますが、ズッキーニは未熟果を収穫して食べます。

ちょっと食感が固く

食べてみて気になるときは、皮を
ピーラーでむいたり、さらに塩もみをすると食べやすくなりますよ。

味自体は、ナスときゅうりのあいの子みたいです。

甘くない柿のような感じ。

特に変わった味はしませんが、だからこそ
サラダにするとどんなドレッシングでも合いますし、酢漬けにしても美味しいですよ。

和風、洋風、中華でも使えますが
一番おススメはやっぱりイタリアン。

生ハム、トマト、アンチョビなどと合わせてサラダにしても美味しいですし

モッツァレラチーズとトマトに合わせて
カプレーゼも美味しいです。

バジルソースやオリーブオイルにもあいますよ。

他の野菜と一緒で、ズッキーニも皮と実の間に一番栄養があります。

生食の為に皮を剥いたら、その皮を刻んで
サラダに入れると、栄養満点です。

ズッキーニの栄養や効能は?

気になるズッキーニの栄養ですが

  • Bカロテン・・・皮膚や粘膜を強くし、乾燥を防ぐ
  • ビタミンB群・・・炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を助ける
  • ビタミンC・・・夏のシミやそばかすを防ぐ
  • カリウム・・・便秘やむくみ解消
  • 葉酸・・・貧血予防

などの栄養があります。

効能としては

  • 夏バテを防ぐ
  • アンチエイジング効果
  • 高血圧を防ぐ

などがあります。
葉酸が入っているので、妊婦さんにも良さそうですね。

しかもカロリーが100gで14kcal
と低く、生食だと歯ごたえがあって、満腹感が得られるため

ダイエットにも効果的です。糖質も少なく、100gで1.5gしかありません。

キュウリが100gで2gなので
水っぽいキュウリよりも糖質が少なく

しっかりした食感で満腹感が得られる
という、まさに糖質制限ダイエットに最適な食材なのです。

ズッキーニの効果的な食べ方は?

ズッキーニは、炒めることによって
Bカロテンの吸収力がアップします
。

オリーブオイルで炒めると相性も良いですし、効能もアップしますよ。

ズッキーニの他にも、ナスやピーマンなど
夏野菜は、炒め物に向く野菜が多いです。

スタミナの付く、揚げ物やてんぷらも良いですね。

一度オリーブオイルで炒めてから煮込む
ラタトゥイユは、効果的な食べ方だったんですね。

そんなに洋風の料理ばかり食べられない・・・。

または、炒めるのが効果的な食べ物と
言っても、炒め物はお腹にもたれる…。という方には。

ナスの代わりとして、みそ汁の具
にしたり、焼いて味噌をつけても美味しいですよ。

味が淡白ですから、和風のものでも合いますね。

ズッキーニはダイエットに効果的なうえに
火を通すと食べ応えもあるので

ズッキーニを麺の様に細切りにして
パスタの代わりにする「ズッキーニ麺」もおススメです。

炭水化物の代わりになり、さらにダイエット効果もある。
ズッキーニは最高ですね

ズッキーニの選び方・保存方法

ズッキーニは

  • 切り口が新しいもの
  • 太さが均一なもの

を選んでください。
大きくなりすぎたものは味が落ちるので
大きすぎないものを選んでください。

ズッキーニは冷暗所で保存してください。

新聞紙に包んで常温(風通しのいい涼しい処)でしたら1~2週間持ちます。

冷蔵庫に入れるなら、4~5日くらい。

また、乾燥しやすく水分が抜けてしまうと
味が落ちやすいので、ラップや新聞紙などに包むと長持ちします。

また、冷凍して保存するには、輪切りや
角切りにして固めに加熱し、トレイなどに並べてくっつかないようにします。

完全に凍ったらジッパー付きのビニール袋に入れて冷凍保存しましょう。

そのまま煮込み料理に使えます。2週間ほどで使い切ってください。

まとめ

ご参考になったでしょうか。

ズッキーニの旬は初夏から夏にかけてです。

カリウムの効果で塩分を排出してくれる
ので、夏の塩分を欲している体に、ちょっと強めの味付けでも安心ですね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次