東京のあじさいまつり・名所7選!日程や見頃は?

東京あじさい名所7選
厳しい冬が終わり、桜の咲く春
緑のきれいな初夏を過ぎると

ちょっと、うっとしいジメジメとした梅雨がやってきます。

どんよりとした空模様が続きます。

そんな時期に美しく咲く花があじさいです。

あじさいと言えば鎌倉が有名ですが、
東京にもあじさいを楽しむ場所がたくさんあります。

東京のあじさいまつりと有名どころ7ヶ所
挙げてみましたので、梅雨のお出かけの参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

①文京あじさいまつり

【場所】:「白山神社」
東京都文京区白山5-31-26
(白山神社と隣接する白山公園)

【アクセス】
(電車)
都営三田線 白山駅A3出口から徒歩約3分
南北線 本駒込駅1番出口から徒歩約5分

駐車場はありませんから、公共交通機関でお越し下さい。

【HP】:「文京あじさいまつり」

合計3000株ほどのあじさいが植えられています。

白山神社は平安時代の後期に始まったと
言われ、何度か移転を繰り返したのち
徳川5代将軍綱吉の命令で現在の場所に落ち着きました。

例年6月上旬から中旬の10日間前後
文京あじさいまつりが開催されます。

土曜日に始まって日曜日に終わるという日程が多いですから

今年は6月8日(土)から6月16日(日)
あたりの開催になるのではないかと思われます。

ここのあじさいは場所ごとに色が変わるのが特徴で

その色彩のすばらしさは見るものの目を十分楽しませてくれます。

あじさいまつりの期間中は様々なイベント
も予定されています。

白山神社は歯の神様としても知られていて
おまつりの期間中に歯ブラシ供養も行われます。

スポンサーリンク

②としまえんあじさいまつり【ペット可】


【場所】:「としまえん」
東京都練馬区向山3‐25-1
としまえんの北側にあるあじさい園

【アクセス】
(電車)
西武池袋線 豊島園下車徒歩約1分
都営大江戸線 豊島園下車徒歩約2分
(車)
環状7号線 豊玉陸橋から約2.2km
収容台数850台の大きな駐車場もあり
1時間400円、1日最大1500円

【あじさいまつり入園料】
大人(中学生以上) :1,000円
子供(3才~小学生): 500円
犬     1頭 500円

ワンちゃんと一緒に楽しむ事も出来ますね。

【開催期間】
5月下旬~6月下旬(予定)

【HP】:「としまえん」

約150種類、1万株のあじさいが植えられています。

あじさいは、例年6月上旬に5分咲きに、
6月中旬には8~9分咲きになり見頃を迎えます。

あじさいに湿気を与える為に細かいミスト
が吹き出されている「霧のあじさい坂」は

涼しげで幻想的な雰囲気を楽しむ事が出来きます。

珍しいつる性のあじさいが20mのトンネルを
覆っている「あじさいトンネル」
「水色の丘」などのテーマごとにたくさん
のあじさいを楽しむ事も出来ます。

あじさいまつりの期間中は多くの賞を
受賞しているあじさいの特別展示や

あじさいナイトと言われるライトアップ、
期間中限定で走る模型列車「あじさい号」
も夜になるとライトアップし

イルミトレインになるなど、大人から子供まで楽しむ事が出来ます。

③東京サマーランドあじさい【ペット可】

【場所】:「東京サマーランド」
東京都あきる野市上代継600

【アクセス】
(電車・バス)
JR八王子駅、京王八王子駅からバスで約30分
JR秋川駅からバスで約5分

(車)
中央道八王子ICから8.5km約17分
圏央道あきる野ICから1.4km約5分

【HP】:わんダフルネイチャーヴィレッジ(あじさい鑑賞)

東京サマーランドには屋内プールの
他多くのレジャー施設があり、

あじさい園は敷地内の西側のエリアの
斜面を利用して作られていて、

6月上旬から7月中旬のあじさいの花期限定の開園になります。

【あじさい鑑賞期間】
2019年6月8日(土)~7月7日(日)

あじさい園のみに行く場合は第2駐車場
の横に入園口があり、そこから入る事ができます。

あじさい鑑賞期間の特別入園料金は、
大人(中学生以上)600円
小学生300円円
犬は、別途料金が必要です。

ドッグランのある
わんダフルネイチャーヴィレッジエリアにあじさい園がありますから

ワンちゃんと一緒に楽しむ事も出来ますね。

園に入り、アナベルの斜面を過ぎると、
多くのあじさいが出迎えてくれます。

最上部には「アナベルの雪山」があり、
真っ白なアナベルが雪山を思わせてくれる景観が広がります。

上部にある展望所からその様子を見降ろすこともできますよ。

スポンサーリンク

➃高幡不動尊金剛寺あじさいまつり

【場所】:「高幡不動尊金剛寺」
東京都日野市高幡733

【アクセス】
(電車)
京王線 高幡不動の駅から徒歩約5分
新宿から急行に乗れば30分余りで
着きますから、都心からのアクセスも良い場所です。

【車】
中央道国立府中ICから4.1km約10分

駐車場は100台収容可能ですが
駅から近いので電車が便利ですね。

【HP】:高幡不動尊金剛寺
例年、6月1日から7月初旬にかけて
高幡不動尊あじさいまつりが開催されます。

境内から山にかけて咲く約3300株の自生のあじさい

全国から寄せられた約250種700株の
様々なあじさいなど、合わせて7500株余りのあじさいが咲き誇ります。

近年は散策路も整備され大変歩きやすくなっていますし

山あじさい園も拡張されていますから
十分にあじさいを楽しむ事ができるでしょう。

高幡不動尊のあじさいは、まず6月初旬に山アジサイが咲き始めます。

そして、中旬を過ぎると様々なあじさいが
見頃を迎えて行くのです。

西洋あじさいやガクアジサイ、カシハバアジサイなど

多くの種類のあじさいを見る事ができ、花比べなども楽しむ事ができます。

期間中は植木市やフリーマーケット、がらくた市などの様々な催しも行われますし、

室町時代に建てられた仁王門、東京都最古
の文化財建造物の不動堂、平安様式の
五重塔などを見ながら歴史を感じる事もできます。

⑤府中市郷土の森博物館 あじさい

【場所】:「府中市郷土の森博物館」
東京都府中市南町6-32

【アクセス】
(電車・バス)
京王線、南武線の分倍河原からバスか徒歩(約20分)
府中本町からも徒歩で約20分程です。

(車)
中央道 国立府中ICから5.1km約15分
駐車場も無料で400台収容できます。

【HP】:「府中市郷土の森博物館」

府中市郷土の森博物館では約14万㎡の
敷地に、例年6月初旬から約30種類1万株のあじさいが咲き始めます。

6月中旬から下旬にかけてが見頃となります。
それに合わせてあじさいまつりも開催され

あじさいまつり特別呈茶、あじさいコンサート

あじさい工房などの様々なイベントも合わせて行われます。

あじさいまつりは5月25日から6月30日。

⑥国営昭和記念公園 あじさい【ペット可】

【場所】:「国営昭和記念公園」
東京都立川市緑町3173

【アクセス】
(電車)
JR青梅線の西立川駅から徒歩約2分
中央線、南武線、青梅線の立川駅からは徒歩約10分

(車)
中央道 国立府中ICから7.4km約17分

【駐車場】
駐車料金:820円

収容台数
立川口 :1,755台
西立川口:345台
砂川口 :431台

【開園時間】:9:30~17:00

【入園料】
大人  410円
65歳以上210円
小・中学生は80円

【HP】:「国営昭和記念公園」

国営昭和記念公園は、広大な敷地の中の
ふれあい橋から花木園展示棟前と

ふれあいレストラン裏の2か所に
あじさいロードが設けられています。

ヤマアジサイ、ガクアジサイ、アナベル、
西洋あじさい、タマアジサイなど、60種類以上、

9300株のあじさいを楽しむ事ができます。

中には、これもあじさいなの?
と思うようなものもあり、様々な発見があるかもしれません。

あじさいは、例年6月中旬から7月上旬が見頃となりますが

広い園内は様々な花や緑も美しいですから
あじさいと共にそれらも併せて楽しむと良いのではないかと思います。

⑦あきる野市「南沢あじさい山」

【場所】:「南沢あじさい山」
東京都あきる野市深沢368

【アクセス】
(電車)
JR五日市線の武蔵五日市駅から徒歩約40分程

(車)
圏央道あきる野ICから8.6km約25分
中央道八王子ICから16km約35分

【駐車場】
約20台・800円

【入山料】
あじさいの開花シーズンは、
山の管理や維持の為費用として入山料金が必要になります。
大人500円、小人300円

【入山時間】
8:00~18:00

アジサイ開花シーズン
2019年 6月8日(土)~7月7日(日)  

【HP】:「南沢あじさい山」

南沢林道の南沢あじさい山には、500mほど
に渡り林道沿いに約1万株のあじさいが植えられています。

これは所有者が長年丹精込めて育ててきたあじさいです。

五日市駅で降りたら、駅の横にある観光
案内所で地図をもらってから行くと安心ですね。

自然の中のあじさいを楽しむには
最適なハイキングコースになっています。

まとめ

東京のあじさい名所7選はいかがでしたか?

東京にもこれだけあじさいを楽しむ事の出来る場所があるのです。

ジメジメとした梅雨の時期ですが、
そんな時期だからこそ楽しむ事の出来るあじさい。

今年は、ちょっと出かけてみませんか?

きっと楽しい時間を過ごすことが出来ると思いますよ。

東京では、ペットと一緒にあじさいを
楽しむことが出来る場所がありましたね。

鎌倉でも愛犬と鎌倉のあじさいめぐりが出来る場所があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください