愛犬と鎌倉あじさいめぐり!必見ペットOKの場所はここ!

梅雨の季節になると、古都鎌倉では

色々な所に「あじさい」がきれいに
咲き誇ります。

この季節になると、鎌倉の「あじさい」を
見に行きたくなります。

家族の一員である愛犬と一緒に
楽しめると、さらにうれしいですね。

でもせっかく鎌倉に来たのに
ワンコと一緒に、はいれない
のも何だか悲しいし・・・・

ひとりぼっちでお留守番させるのもかわいそう・・・・

そこで

鎌倉で
ペット同伴OKのあじさいスポット
について調べてみました。

☆鎌倉でペット同伴でランチできる場所については
鎌倉でランチとお寺巡り!ペットと一緒に入れる場所はどこ?
を参考にして下さい。

スポンサーリンク

鎌倉でペット同伴OKのあじさいスポット!

鎌倉のあじさいをペットと
楽しめるお寺、神社について調べてみると

「ペット禁止」
「基本的にペット禁止」
「ペットOK」などの
お寺、神社がありましたが

ペットと一緒にあじさいを
楽しめる所が、意外と
たくさんありました。
(大型犬がOKの所は、少ないです。)

各所に、けっこうあるので

愛犬と鎌倉のあじさいを巡るなら

北鎌倉エリアと鎌倉駅エリア
と長谷エリア
2日かかけて訪れたほうが
良さそうです。

北鎌倉エリアでペット同伴OKのあじさいスポットは?

「明月院」(めいげついん)

ペットは基本的にペットNGですが

キャリーバッグに入れ体がでなければOKです。

「あじさい寺」とも言われる
「あじさい」の名所です。

ほとんどが青い「ひめあじさい」で

ブルーで統一された境内には
たくさんのあじさいを
楽しむことが出来ます。

このあじさいは
明月院ブルーと言われ
濃い鮮やかな青色が特徴です。

住所  :鎌倉市山ノ内189

拝観料 :大人(高校生以上)500円 / 小・中学生300円
6月公開菖蒲園:別途500円
拝観時間:6月8:30~17:00



「東慶寺」(とうけいじ)

キャリーバッグに入れるか、抱っこでOKです。

かつては「駆け込み寺」と言われ
縁切り寺として知られてます。

現在では、悪い縁を断ち切って良縁を
結ぶスポットと言われてます。

山門に登る石段の両脇にあじさいが
咲きます。
住所  :鎌倉市山ノ内1367

拝観料 :大人200円 / 小・中学生100円

拝観時間:6月8:30~16:30



「円覚寺」(えんがくじ)

リードを短くすればOKです。

たくさんの木々に囲まれて
境内が広いです。

あじさいも色々な場所に
ゆったりと数多く咲いてます。

住所  :鎌倉市山ノ内409

拝観料 :大人300円 / 小人100円

拝観時間:6月8:00〜午後16:30



「浄智寺」(じょうちじ)

リードを短くすればOKです。

山に囲まれ緑にあふれてます。

鎌倉五山第4位の大寺院として
栄えてました。

関東大震災でほとんどが倒壊し
今は、一部の復元された
建物が残ってます。

鐘楼門へ登る鎌倉石の階段あたりの
あじさいがきれい

また、お寺の裏手、竹林を抜けると
布袋尊が出現

お腹を撫でると元気がもらえるそうです。

住所  :鎌倉市山ノ内1402

拝観料 :大人(高校生以上)200円 / 小・中学生100円

拝観時間:9:00~16:30



「建長寺」(けんちょうじ)

リードを短くすればOKです。

鎌倉五山第1位の大寺院

けんちん汁発祥の地と言われてます。

広い境内には色々な場所で
あじさいが植えれてます。

半僧坊大権現参道付近の
あじさいがおすすめです。

半僧坊大権現から天気のいい時は
富士山が見えます。

住所  :鎌倉市山ノ内8

拝観料 : 大人(高校生以上)500円 / 小人(小中学生)200円

拝観時間:8:30~16:30

スポンサーリンク

鎌倉駅エリアでペット同伴OKのあじさいスポットは?

「本覚寺」(ほんがくじ)

ペットOKです。

商売繁盛の神「えびす様」が
まつられてます。

開運スポット「しあわせ地蔵」
が置かれてます。

株数は少ないですが大きく見事です。

住所   : 鎌倉市小町1-12-12

拝観料  :志納(しのう)
※気持ちの金額

拝観時間 :9:00~16:00



「妙本寺」(みょうほんじ)

ペットOKです。

日蓮宗最古の寺院です。
本堂に登る石段の両脇と
二天門近くなどであじさいが
楽しめます。

住所   : 鎌倉市大町1-15-1

拝観料  :志納(しのう)
※気持ちの金額

拝観時間 :9:00~17:00



「浄妙寺」(じょうみょうじ)

ペットOKです。

鎌倉五山第五位で風格を感じさせます。
カフェ&レストランの
「石窯ガーデンテラス」へ登る途中に
山あじさいの小径があります。

「石窯ガーデンテラス」は
ペットNGですが
オープンカフェは、利用できます。

住所   :鎌倉市浄明寺3-8-31

拝観料  :大人(中学生以上)100円 / 小学生50円

拝観時間 :9:00~16:30



「英勝寺」(えいしょうじ)

抱っこならOKです。

鎌倉唯一の尼寺です。
境内のあちこちにあじさいが
咲いてます。
あじさいと竹林が楽しめます。

住所   :鎌倉市扇ガ谷1-16-3

拝観料  :大人300円 高校生200円 中学生以下100円

拝観時間 :9:00~16:00(木曜は休み)



「海蔵寺」(かいぞうじ)

キャリーバッグに入れるか抱っこでOKです。

やぐらに「十六の井」があり
水の寺と呼ばれてます。

あじさいの株数は少ないですが
四季によってそれぞれの花が楽しめます。

住所   :鎌倉市扇ガ谷4ー18-8

拝観料  :志納(しのう)十六ノ井は100円
※気持ちの金額

拝観時間 :9:30~16:00



「報国寺」(ほうこくじ))

キャリーバッグに入れるか抱っこでOKです。

「竹寺」として有名なお寺です。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで
東慶寺とともに3つ星を獲得。

竹林とあじさいが楽しめます。

住所   :鎌倉市浄明寺2-7-4

拝観料  :200円
抹茶(干菓子付) 500円
※水分の少ない和菓子
拝観時間 :9:00~16:00

長谷エリアでペット同伴OKのあじさいスポットは?

鎌倉のあじさい3大名所である
ペットOKの
「成就院」(じょうじゅいん)は
現在参道工事は、終えてますが
南三陸町「大雄寺」(だいおうじ)に「あじさい」をすべて寄贈したため

あじさいは咲いていますが、以前より少ないです。

住所  :鎌倉市極楽寺1-1-5

拝観料 :志納

拝観時間:8:00~17:00



「光則寺」(こうそくじ)

キャリーバッグに入れるか抱っこでOKです。

本堂前のに樹齢200年以上のカイドウの木があります。
200種類以上やまあじさいが見れます。
やまあじさいの見頃は5月下旬から6月上旬まで

住所   :鎌倉市長谷3-9-7

拝観料  :大人(高校生以上)100円 / 小・中学生無料

拝観時間 :7:30 ~ 日没まで



「長谷寺」(はせでら)

ペットは基本的にはペットNGですが

キャリーバッグに入れ体がでなければOKです。

ですが、あじさい路は、階段が急で
雨天や雨が降った翌日は、滑りやすいので
ペットを連れてのあじさい鑑賞は、おすすめしません。

長谷寺の本堂に祀れている
木造の「十一面観音像」は、高さ9.18メートル
で日本最大級になります。

言わずと知れた、あじさいの名所で
「花のお寺」とも呼ばれてます。

「花と眺望の祈願寺」です。

あじさいは、
40種類、2500株以上植えられ
「湘南の海」と「あじさい」が
一緒に楽しめます。

住所   :鎌倉市長谷 3-11-2

拝観料  :大人300円 / 小学生100円

拝観時間 :6月8:00 17:00



「御霊神社」(ごりょうじんじゃ)

ペットOKです。

八丈島で発見されたガクアジサイで
「八丈千鳥」という珍しいあじさいが見れます。

江ノ電があじさいの近くを、走るので
絶好の写真スポットです。

愛犬と一緒の写真は、最高の思い出に
なりそうですね。

住所   :鎌倉市坂ノ下4-9

拝観料  :なし(収蔵庫は大人100円)

拝観時間 :9:00-17:00

また、近くには「力餅家」「極楽寺駅」
など

ドラマ「最後から二番目の恋」や

映画「海街diary」

のロケ地として
有名な所があります。

最後に

鎌倉のあじさいは、山、森林に囲まれた場所や
海がみえる場所、竹林に包まれた場所、
江ノ電が近くを走る場所など

とても、素晴らしロケーションに
恵まれてます。

愛犬と一緒なら、
楽しい思い出になりそうですね!

愛犬の体調を第一に考えて無理のない計画を立ててみて下さい。

東京でも、あじさいをペットと楽しめる場所があります。
東京のあじさい名所7選

※犬が嫌いな人、苦手な人、怖く感じてる人、
良く思わない人もいらっしゃいますので、
迷惑が、かからないよう
マナーをしっかり守って下さい。


スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください