ひたち海浜公園ネモフィラ2019 見頃は?駐車場・渋滞回避情報!

ひたち海浜公園ネモフィラ2019 見頃
春に見ごろの花と言えば、桜や
チューリップなど暖色系の色の花が多いですよね。

しかし、ひたち海浜公園では450万もの「ネモフィラ」が丘を埋めつくします。

丘を青く染め上げるのです。

空の青と重なるネモフィラの青は幻想的に美しい写真映えする景色となりますよ。

ひたち海浜公園のネモフィラは例年ゴールデンウィークに見ごろを迎えています。

インスタ映えや家族旅行には持ってこい。

2019年ネモフィラの見頃や
ひたち海浜公園の駐車場&渋滞回避情報

などについてご紹介しますよ。

どのくらい混雑するかについてもお伝えしますので、旅行プランの参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ひたち海浜公園のネモフィラ 2019の見頃はいつ?

ひたち海浜公園2019ネモフィラ見頃はいつ?

ひたち海浜公園には、春になるとネモフィラが咲き誇ります。

毎年、見頃となるのが4月下旬~5月上旬頃。

4月25日頃~5月6日頃にかけてが例年の見頃です。

2018年は、例年より10日程度早く「見頃」となりました。

咲きかけや散り始めなどになってしまうと、絶景には今一つ足りない、という事もあり得ます。

せっかくなら、満開の時期にネモフィラを見たいものですよね。

なので、2019年4月末、ゴールデンウィークの始まり頃を狙う事をオススメします。

2019年は、5月3日まで見頃の予想。

2017年、2016年を見てみると
4月末であれば美しいネモフィラを楽しめていました。

2018年は、4月22日頃に満開を迎えました。

また、ひたち海浜公園のあるひたちなか市では、Twitterなどでネモフィラの開花情報をお知らせしてくれます。

天候や気温によって花にも影響があるので、開花情報をチェックしてから、ひたち海浜公園に行けば万全ですよ。

そして、ひたち海浜公園では、「ネモフィラハーモニー」というネモフィラの見ごろに合わせたイベントが行われます。

園内で出し物や展示などが行われているので、花以外でも楽しむ事ができるんですね。

この期間中、ひたち海浜公園は毎日開園してくれています。

ひたち海浜公園の見どころはネモフィラ以外にもたくさんあります。

みはらしの丘以外にも鮮やかな花達が咲いているので、ゆっくりひたち海浜公園内を楽しみましょう。

ひたち海浜公園の駐車場など基本情報

ひたち海浜公園にネモフィラを見に行く前に、アクセス方法や駐車場・渋滞回避についても予習しておきましょう。

国営ひたち海浜公園基本情報

【場所】:「国営ひたち海浜公園」
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

【開園時間】
:ゴールデンウィーク中
7:30~17:00

【アクセス】
:(電車・バス)
JR勝田駅東口茨城交通バス
2番乗り場から海浜公園西口、または南口下車で約17分~23分

ひたちなか海浜鉄道・湊線 に乗り換え、阿字ヶ浦駅まで約30分、
阿字ヶ浦駅から スマイルあおぞらバス にて海浜公園西口下車(約10分)、または南口まで徒歩約20分

ネモフィラを目当てに行く場合、みはらしの丘が近い入り口で選ぶと『海浜公園西口』が若干近くなります。

また、例年4月末辺りから5月初旬頃まで、阿字ヶ浦駅からひたち海浜公園へ行ける『ネモフィラシャトルバス』も無料で運行していますよ。

:(車)
東京方面:常磐自動車道~(友部JCT)~北関東自動車道経由
常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」より県道247号線 約1km
いわき方面:常磐自動車道「日立南太田IC」より約15km

『駐車場』
西口ゲート(西駐車場)
中央ゲート・南口ゲート (南駐車場)
海浜口ゲート(海浜口駐車場)

3ヶ所の駐車可能台数は
西駐車場   :駐車台数 2,000台
南駐車場   :駐車台数 2,000台
海浜口駐車場 :駐車台数  350台

『料金』
普通車 510円

『入園料』
:大人(高校生以上)450円
:子ども 無料
:シルバー(65歳以上)210円

ひたち海浜公園は、ゴールデンウィーク中、7時30分からの開園となります。

いつもより2時間早く開園してくれるので早朝の花を見行く事もできますよ。

閉園時間は変わらず17時となっています。

【ひたち海浜公園ホームページ】

◎ネモフィラを見に行く時のオススメ駐車場

ひたち海浜公園のみはらしの丘で、ネモフィラを楽しむ事ができます。

そのみはらしの丘に行くのに便利なのが、『西駐車場』です。

ひたち海浜公園ICの出口から、交差点を左折した先に駐車場の入り口が見えてきます。

収容台数は2,000台とかなり多くなっています。

ネモフィラの時期は混雑が予想されるので
車でひたち海浜公園へ向かうなら早朝からの出発を検討しましょう。

スポンサーリンク

ひたち海浜公園のネモフィラ2019見頃時期の渋滞回避方法

【ひたち海浜公園駐車場の空き状況】

ひたち海浜公園のネモフィラ2019渋滞回避方法

ネモフィラの見頃時期ではひたち海浜公園周辺は大渋滞します。

行きも帰りもひたち海浜公園公式サイトの混雑時巡回ルートをおすすめします。

迂回ルートを使わずに渋滞の列に並んでる車が意外と多いです。

ひたち海浜公園【混雑時迂回ルート】

渋滞情報を確認して、北関東自動車が混雑してる場合は

常磐自動車道の「東海スマートIC」まで行って県道62号線➡国道245号線➡県道245号線でひたち海浜公園に向かうといいですよ。

JR勝田駅に車を駐車してバスで「ひたち海浜公園」に向かう方法
ひたち海浜公園「パーク&ライド」「パーク&サイクル」

JR勝田駅東口茨城交通バス
2番乗り場から海浜公園西口、または南口下車で約17分~23分

JR勝田駅からひたちなか海浜鉄道・湊線 に乗り換え阿字ヶ浦駅から無料ネモフィラシャトルバス

JR勝田駅周辺駐車場
◯大きい駐車場
【タイムズMEGAドン・キホーテ勝田店本館】
住所:茨城県ひたちなか市石川町1
台数:立体(自走)376台
平地171台
【勝田駅東口南駐車場】
住所:ひたちなか市勝田中央1135番4
台数:219台
【元町駐車場】
住所:ひたちなか市元町4番4
台数:117台

ひたち海浜公園のネモフィラ時期の混雑は?

例年ゴールデンウィーク中に見ごろを迎えるネモフィラ。
毎年、ひたち海浜公園は混雑します。

ネモフィラが美しく咲く時期と、ゴールデンウィークは重なる事がほとんど。
そのため、例年ひたち海浜公園では大変混雑する事が多いです。

車でひたち海浜公園まで向かっている時も渋滞が起こる事もしばしばです。

特に土日祝日の朝9時頃からは、園内はかなり混雑していますね。
なので、混雑を避けるカギは早朝にあります。

ゴールデンウィーク中は、ひたち海浜公園の開園時間が朝7時半となっています。

開園時間に着くように早朝から行動できれば、混雑を回避する事が出来るのです。
駐車場にも停めやすくなるので、一石二鳥ですよ。

早朝からの移動が難しい、という時は勝田駅からバスで「ひたち海浜公園」を目指すのがオススメです。

また、ゴールデンウィーク中は帰りの時間が閉園間近になると、駐車場から出るのに大渋滞します。

15:30をめどに遅くとも16:00まで、帰ることをおすすめします。

閉園間近に帰ったことがありますが、大渋滞で駐車場から1時間30分出れませんでした。

まとめ

ひたち海浜公園のネモフィラの見頃や楽しめる時期や駐車場情報などについて、まとめてみました。

ゴールデンウィーク中に旅行に行くとなったら、観光地は大体の所が混雑必須です。

ひたち海浜公園も混雑しますのでしっかり準備を整えてからネモフィラ観賞に出かけるようにしましょう。

また、ペット同伴OKですので一緒に「ネモフィラ」を楽しめます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください