おにぎりラップとアルミどっちで包むと美味しいの?竹の皮は?

小さい子は、おにぎり大好きですね。

お弁当に、おにぎりを持ってお出かけの時

「ラップ」「アルミ」どっちで包みますか?

個人的には、特にこだわりなく、いつもラップで包んでいました。

【実は、アルミホイルでおにぎりを包むと美味しい】と話題になってますね。

普通に握るだけだよね?
美味しさに違いがあるのかな?
調べてみました!

スポンサーリンク

おにぎりの包み方ラップとアルミどっちが美味しい?

アルミホイルで握る場合、握った時にアル
ミの表面に凹凸ができ、熱が逃げるから
おにぎりが蒸れないので、美味しく食べれるそうですよ。

また、遮光性が高いので雑菌の繁殖を防いでくれる効果があります。

確かに、サランラップで握ると密封され
て海苔がべちゃっとくっついて、美味しくないですものね。

美味しさでは、アルミホイルの方が、一理あると思います。

アルミホイルをぐちゃぐちゃしてから
広げておにぎりを包むとより表面に
凹凸ができていいですよ。

また、米粒がひっつきにくくなります。

☆ラップとアルミのメリットとデメリット

サランラップ
メリット

  • 密閉できるからご飯が乾燥しない。
  • 直接ご飯を触らずに握れるから衛生的
  • 中身が見える。
  • レンジでそのままチンができる。
  • 潰れてしまってもそのまま握りなおせる。
  • ラップに直接絵を書いたりと、おにぎりアートが楽しめる。

デメリット

  • 通気性が悪く、中のノリやご飯がべちゃっとして美味しくなくなる。
  • 密閉性が高い分、水蒸気が発生し雑菌が繁殖しやすい。特に夏場は痛みやすい。

アルミホイル
メリット

  • おにぎりが蒸れないので美味しい。
  • おにぎりを見られたくない時に、アルミホイルをめくりながら隠して食べれる。
  • 食べ終わったら、くるくるとボールのように丸めて始末できるので楽しい。
  • アルミとご飯の間に隙間ができるため、水っぽくならない。
  • 遮光性が高く雑菌の繁殖を防いでくれる。

デメリット

  • うまくアルミがめくれずに、おにぎりに残ることも・・・。
  • レンジでそのままチンができない。
  • ノリや具材が変色することがある。
  • 間違ってアルミを噛むと嫌な感じ。

などなど。
こうしてみると、おにぎりの包み一つで、いろいろ違うんですね。

これらのデメリットを消すために、ラップ
で握ってから、アルミホイルで包みなおす方法も良いようですね。

また、ラップでおにぎりを握った後に、皿の上に置き、冷ましてから新しいラップに包んでも。

また、アルミホイルに絵や模様が書いて
ある、可愛いホイルも売っているようです。

アルミの無機質な感じが、少しでも可愛くなるんじゃないでしょうか。

どっちか・・と考えると、どちらも
一長一短ありますが、イイトコドリすれば、解決できますね。

おにぎりの美味しい握り方何か秘訣はある?

肝心の中身の、おにぎりの握り方についても、何かコツはあるんでしょうか?

①炊くときは、水加減を控えめに
硬めに炊くと、しっかりしたおにぎり
ができます。

やわらかいおにぎりは、美味しくな
さそうですからね。いつもより水を少なくするのがコツです。

②炊き上がったらご飯を切り混ぜる
炊き上がり、蒸らしを済ませたら、ご飯を
釜の中ではなく、ラップを敷いたまな板か
大き目の皿に開けます。

そしてしゃもじでご飯をタテに
切っていきます。

酢飯を作るのと同じ要領ですね。
お米同士が離れ、空気の層が生まれる
ことによって、握った際にふんわりした口当たりに!

あまり混ぜすぎると、ご飯に粘りが出て
しまい、ベタベタになってしまうので、ほどほどに。

③塩加減も重要!
手を軽く濡らした後、三本の指の腹に
塩をつけて、手になじませます。

少し多いかな~と思うくらいで、塩が
手になじんでちょうどいい塩梅になります。

ラップを使う方は、敷いたラップの上に塩
を振って、その上にご飯をのせてください。

④ご飯は熱いうちに握る
ご飯が冷めないうちに、素早く握りましょう!

冷水を入れたボウルを用意して手を冷
やしながら握ると良いですよ。

炊き立てのご飯には保水膜があります。

この膜があるうちに握ると、冷めてからの美味しさが違います。

⑤ご飯の適量は手の大きさに合わせて
手を三角にしたときに、両手ですべての
ご飯が包み込める量が、ちょうどいい量です。

人それぞれ違いますから、調整してみてください。

あまり力を入れず、三回に分けて全部の角を握ります。

形を整えるだけのつもりで軽くふんわりと。

軽くふんわりが大事なポイントですよ。

頑張った甲斐あって、美味しいおむすびができました!

スポンサーリンク

竹の皮で包むともっと美味しい!

昔は、おにぎりを
竹の皮で包んでいました。

時代劇でもよく見ますね。

実は、竹の皮は、防腐性がすぐれ
また、吸水性通気性がよく時間がたって
おにぎりが美味しい!

おにぎりからでる水蒸気を吸収し
水分を逃がしてくれ、さらに
腐りにくく、してるってことですね。

「昔の知恵」はすごいですね。

竹皮の香りも少しついて
さらに美味しいですよ。

やはり、天然素材の「竹の皮」でおにぎりを包むのが1番ですね。

横浜のシウマイ弁当のごはんが
美味しいのは、同じ原理ですね。

シウマイ弁当には、「経木(きょうぎ)」
と呼ばれる薄い木の板が使われてます。

竹皮を使ったおにぎりの包み方。

市販「竹の皮」を
20分~1時間ほど水に浸け戻す
柔らかくなったら

竹の皮のをペーパータオルなどで
水けをよくふき取ってからスタート。

まず竹の皮でおにぎりを包むための
紐を作ります。

竹の皮の端を1センチぐらい
ちょっと裂いて紐の出来上がり

皮の内側を上にしておにぎりを真ん中にのせ

竹皮の両端をすきまのないように
左右を織り込んでしっかり折りたたむ

作っておいた紐でしばり完成です。

その中に、唐揚げやウインナー
漬物を入れれば竹の皮おにぎり弁当になります。

けっこう渋くてイケてるかも・・・
お父さん向きですね!?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日常よく食べるおにぎりも、ちょっとした
コツで更に美味しくなるんだったら、ちょっと気に留めておきたいですね。

ご参考になれば幸いです。

ラップでおにぎりを握る場合は、いったんラップを取って冷まします。

持っていくときに、再度ラップか、アルミホイルでくるみましょう。

竹の皮を使えばさらに、美味しい!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください