椿山荘ほたるの夕べ2019の見頃と観賞スポットは?入場のみ無料!

椿山荘 蛍 

椿山荘と言えば、都心で素晴らしい庭園や史跡を楽しむ事が出来るとして有名です。

そんな自然の美しさ溢れる老舗の「ホテル椿山荘東京」

毎年初夏の訪れを知らせてくれる「ほたるの夕べ」が開催されます。

ホタルの美しくはかない光を楽しむ事が出来ます。

しかも、この都心の一等地の由緒あるホテルでのほたる観賞が無料で楽しめるのです!

そんな椿山荘のほたるの夕べ2019の見頃・時間帯・鑑賞スポットなどについてお伝えします。

スポンサーリンク

椿山荘のほたる2019の見頃や時間帯は?

ホテル椿山荘東京 ほたる

ほたるの見頃は5月中旬~6月中旬頃、時間帯は20:00~21:00頃まで。

ホテル椿山荘東京のほたるの夕べ2019

【開催期間】:2019年5月17日(金)~6月30日(日)

【時間】:庭園は23時まで開放されています。

【料金】:庭園のほたる鑑賞は無料です。

ほたる鑑賞のおすすめ気象条件

  • 風が強くない
  • 雨が降っていない
  • 気温・湿度が高い
  • 月明かりが少ない日

2019年の新月は、6月3日・7月3日
新月の前後4日位なら月明かりが少ないです。

椿山荘の庭園の中や施設内で飼育されたほたるの幼虫の数はおよそ1万匹。

その1万匹のほたるの幼虫が庭園の沢に放流されます。

自然界でのほたるの羽化率は1%程度とかなり低いです。

ですが、椿山荘は、野生のタヌキがいるほど、豊かな自然環境。

椿山荘の「秩父山系の水」と「安定した飼育環境」のなかで80%の高い確率で、ほたるが羽化します。

さらに6月下旬から7月にかけては野尻湖の飼育施設において羽化した成虫を放流します。

ゲンジボタル約1万匹、ヘイケボタル約3千匹が、椿山荘で、出迎えてくれます。

6月中旬頃のピーク時には500~600匹が目に見える所に現れます。

そんなほたるの活動時間は日没1時間後位からです。

ほたるが光を放つ理由は交尾の為。

草の上などで光りながら待つ雌のほたるを探して雄のほたるは光りを放ちながら飛んでいきます。

ほたるの夕べが開催されている間ですと午後8時頃がほたるの見頃の時間帯です。

また、周りが明るすぎるとほたるはじっとしていることが多いですから、満月の前後は飛ぶ数も少ないです。

曇りの夜、気温と湿度の高い日、例えば雨が降る前などは、ほたるが良く飛ぶ気象条件です。

椿山荘のほたる観賞スポット

5月下旬から6月中旬頃までゲンジボタル

6月中旬から7月中旬頃までヘイケボタル

「ほたる沢」「古香井」「水車の周り」で、庭園の中で羽化したホタルを楽しむ事が出来ます。

弁慶橋の朱色や溢れる湧き水、橋の下を流れる美しい水、周囲のあじさいをはじめとする多くの花々が儚く光るほたるをさらに美しく演出してくれます。

椿山荘の庭園には様々な花木が植えられています。

ほたると一緒に美しい庭園を楽しめるなんて、現実を忘れさせてくれるひと時になるに違いありません。

また、6月下旬から7月上旬には、成長の時期を遅らせて育てられたほたるが庭園や館内のビオトープ(生物空間)で見る事が出来ます。

ビオトープはガーデンチャペルの先にあるガラス張りの施設で、滝の裏側に設置されています。

温度や湿度などの環境を整えてある空間ですから、安定して美しいほたるを鑑賞することが出来ます。

また、映像も大きく映し出されます。

ほたるは、強い風が吹いたり雨が降ったりすると出てきません。

そんな梅雨で雨が降りやすい時期、お天気が悪くなったらこちらのビオトープに行ってみて下さいね。

ホテル椿山荘東京の庭園マップ(PDF)

スポンサーリンク

椿山荘のほたる夕べの歴史

1954年から始まったほたるの夕べ

東京の子供たちにも是非美しいほたるを見せたいという、藤田観光創業者である小川栄一氏によって始められました。

椿山荘のほたる夕べですが、2000年を迎えた時に、専門家の指導を仰ぎ、産卵から飛翔までゲンジボタルが生息する事の出来る環境作りに取り組んできました。

都心とは思えないこの幻想的な風景を見る事が出来る椿山荘

ホテル椿山荘東京では、ほたるの夕べに合わせてディナーブッフェ。

閉園後にほたるを楽しむ事の出来る宿泊プラン等、贅沢な時間を過ごすお手伝いが用意されています。

また、ホテル椿山荘東京には、西洋料理2店舗・日本料理4店舗・カフェ・ロビーラウンジ・バーがあります。

ホテル椿山荘東京のほたるの夕べの場所やアクセス

ホテル椿山荘東京 場所・アクセス

【場所】「ホテル椿山荘東京」
:東京都文京区関口2丁目10−8

【アクセス】
:🚃(電車)
東京メトロ有楽町線の江戸川橋からは徒歩でおよそ10分。

:🚌(バス)
JR目白駅からバスで10分程。
料金:大人210円・子供110円

バス停5番 都バス新宿西口行き
バス停8番「川村学園前」よりホテル椿山荘東京行き

文京区コミュニティバス「B-ぐる」
料金:100円
江戸川橋バス停から約7分程で到着します。

:🚗(車)
首都高5号池袋線早稲田ICより1.4Km約6分
首都高5号池袋線東池袋ICより6Km約15分

【駐車場】
収容台数:400台
料金:2時間未満 30分500円
   2時間以上 30分400円
※入庫から30分は無料

ホテル利用により駐車料金優待
・3,000円以上10,000円未満➡3時間無料
・10,000円以上➡6時間無料

椿山荘周辺にも、小さな有料パーキングがあります。

まとめ

椿山荘のほたるの夕べ2019の見頃などはご参考になったでしょうか。

ほたるには、真偽のほどは定かではありませんが500℃説があります。

桜の花が散るころの雨の夜、水から出てきたほたるの幼虫は柔らかくなった土の中に潜ってさなぎになります。

その翌日から毎日1日の平均気温を加算していき、合計が500℃になる頃ほたるは羽化するというのです。

そして、ほたるの放つ光は雄と雌のコミュニケーション。

ですから、満月の前後は周囲が明るすぎて光でのコミュニケーションがうまく取れない為ほたるは飛ばないと言われます。

もちろん、懐中電灯やフラッシュ撮影もほたるの会話の邪魔になってしまいます。

ほたるのデートを邪魔しないように注意しながら鑑賞したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください