いちじくの食べ過ぎに注意!栄養や効能は?旬が2回あるって本当?

いちじくの食べ過ぎ注意!

美味しい「いちじく」
あのツブツブの食感と優しい甘さがいいですね。

でも、美味しいだけではなく
栄養も豊富で、古来より西洋で多く食され
「不老長寿の果実」と呼ばれてるんです。

そんな「いちじく」ですが食べ過ぎには注意が必要です。

また、アレルギーの症状が出る人も・・・
いちじくの栄養と効能や旬についても調べてみました。

スポンサーリンク

いちじくの食べ過ぎに注意!

いちじくは、美味しいですが、食べ過ぎにご注意して下さい。

とくに、生のいちじくより
乾燥させて各栄養素がパワーアップした
「乾燥いちじく」が食べすぎ注意なんです。

乾燥いちじくは
手軽に食べれて、美容効果や便秘改善に効果がありますが

食物繊維が豊富ですので、食べすぎると下痢になるこも・・・

しかも、あくも強いので腹痛になりやすいです。

また、
生のいちじくは100gで54kalですが
乾燥いちじくは100gで292kalになります。

乾燥いちじくは、生のいちじく
のように皮をむく必要がなく手軽で食べやすいので

つい食べ過ぎてしまい、結果的にカロリーオーバーに・・・

食べすぎには注意してくださいね。

また、いちじくを食べて一時間後に

  • くちびるがかゆい、はれる
  • のどがイガイガする

などの症状が出る
「いちじくアレルギ―」の人もいます。
ひどくなると

  • じんましん
  • 腹痛、下痢
  • せき込み
  • 呼吸困難

なども起こり、アナフィラキシー症状をともなう場合があります。 

また、花粉症の人で

  • 特にシラカバ花粉症の人
  • ラテックス(天然ゴム)アレルギーの人
  • リンゴ、もも、なし、さくらんぼ、いちごアレルギーの人

は、いちじくでアレルギーが起こる可能性が。
シラカバの花粉などと、いちじくの
たんぱく質の構造が似ている為です。

日本では
シラカバの生息地が限定されていますので
生息地域の人は注意して下さい。

いちじくを食べた後に、口の中に違和感を
感じたら、病院でアレルギー検査や血液検査をしてみてください。

また、アレルギー発症を避けるために
赤ちゃんの離乳食としてあげるのは
生後11か月~1歳の離乳食後期にあげてくださいね。

あまり早いうちに与えない方が無難です。

基本的に離乳食の果実は加熱までしなくて
いいんですが、心配なら加熱したほうがアレルギーは出にくいです。

スポンサーリンク

いちじくの栄養や効能

そんな食べ過ぎに注意のいちじくですが

アレルギーが出ない人には
毎日でも取りたい体にうれしいい栄養が
たっぷり詰まっています。

いちじくの果実の皮や赤い部分に含まれ
ているアントシアニンは、抗酸化作用があります。

体内に発生する活性酸素を消します。
そう、アンチエイジング効果があるんです。

同じ抗酸化作用のあるポリフェノールも
含んでいるので、美肌や老化の防止に効果的なんです。

いちじくに含まれているポリフェノールは
主にベリー系のイチゴやブルーベリーといった果実に含まれているもので

「ザクロエラグ酸」という種類のものです。

エラグ酸は、肌のメラニン色素を黒くする
チロシナーゼを抑制する効果があり
肌にシミや色素が沈着するのを防ぎ、改善していく美白効果があるんです。

また、いちじくに含まれるフィシンと呼ばれる酵素は、

  • 消化の吸収
  • 便秘を解消

を促します。二日酔いにも効くんだとか。
植物性食物繊維のペクチンもたくさん
入っていますので、併せて腸の活性化に効きますね。

ベストアルデヒドは、抗ガン物質と呼ばれています。

がん細胞をマヒさせるため抗がん作用があると言われてます。

そして、いちじくには女性ホルモンである
エストロゲンによく似た
「植物性エストロゲン」を含んでいます。

女性ホルモンの働きを補助することによって

  • 更年期障害の改善や予防
  • 乳がんの予防

の効果があります。

  • アンチエイジング効果
  • 消化、便秘の改善
  • 更年期障害の改善
  • 美白効果

など、大人な女性に嬉しい効果がいっぱいです。

他にも

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 鉄分

など、血や骨の素となるミネラル分をバランスよく含んでいます。

また、カリウムもたくさん含まれています。

体からナトリウムを出す働きもあるので、高血圧症の方に良いんですよ。

乾燥いちじくと生のいちじくも同様で
一日3個ずつ食べると
鉄分やカルシウムの不足を補うことができますよ。

いちじくには旬が2回あるって本当?

いちじくは、古代エジプトの壁画にも描か
れており、旧約聖書にも登場しています。

アラビア半島で誕生したいちじくは、
少なくても6000年前から、人の手によって栽培されていたとか。

日本には江戸時代に薬用として入り、その後、食用になりました。

生産量第一の県は愛知県で、和歌山県、兵庫県と続きます。

いちじくに旬が2回あるのは本当なんです。
「夏果」「秋果」の2つがあって

  • 夏果の旬…6月の下旬~8月の上旬
  • 秋果の旬…8月の中旬~10月の中旬

と、なっているんです。
トータルで言えば、6月から10月まで楽しめるんですね。

夏と秋の時期に採れる、
「夏果秋果兼用」というものもありますよ。

好みもありますが、秋の方が美味しいです。
秋のものは甘みが強く、夏のものは大きく、さっぱりとした甘みなんです。

国内で8割の流通を占める、一番多く
作られている「桝井(ますい )ドーフィン」という品種は

夏果秋果兼用ですが、雨期の栽培が
難しいため、秋に出回ることが多いです。

広島県の桝井さんという方が
明治時代にアメリカから持ち帰ったものですよ。

まとめ

いちじくは漢字で「無花果」と書きます。

花がないのではなく、実の中にある、つぶつぶが花です。

あのプチプチした食感…あれは花の食感なんです。面白いですね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください