雑学

ジューンブライドの意味や由来は?結婚式雨の日ジンクスは?

ジューンブライドの意味や由来

うちの両親の結婚記念日が6月なんです。

毎年食事に行くのですが、決まって雨。
そりゃ、梅雨ですからね…。

「でも、ジューンブライドだからね」
と毎年、ご機嫌で出かけて行くのです…。

ところで、
ジューンブライドってどういう意味があるのでしょう?

由来や日本ではいつから始まったの?
結婚式雨の日ジンクスは?

についてお伝えします。

スポンサーリンク

ジューンブライドの意味や由来

ジューンブライドは、直訳すると
「6月の花嫁」「6月の結婚」ですね。

古くからヨーロッパで
「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」と言われているのです。

ギリシャ神話に登場する女神、
「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)だったことから

この月に結婚すると幸せになれると言われています。

女神ジュノーは、ユノとも、ヘラともいわれています。

ギリシャ神話で一番偉い神様
ゼウスの奥様、ヘラのことです。

ヘラは結婚、出産をつかさどる、女性や
家庭、子供を守る神様なんです。

また、浮気を繰り返すゼウスの監視を
怠らない、堅実な妻の一面も持っています。

6月1日にはヘラを祭るお祭りが行われて
いたことから、6月に結婚すると

ヘラのご加護で一生幸せになれるという
言い伝えが生まれたました。

しかも、昔のヨーロッパでは、
農作業の繁忙期の3月~5月に結婚が
禁止されていました。

なので、落ち着いた6月に結婚するカップル
が多かったため、周りの人も祝福してくれたようです。

さらに、5月の守護神は豊作の女神マイア。
忙しい5月に結婚する花嫁を嫌ったため

「5月に結婚する花嫁は不幸せになる」
という、ジューンブライドとは対になるジンクスまでありました。

また、梅雨がないヨーロッパでは、1年で
6月は最も雨が少なく、天候の良い時期です。

イベントごとには最適なシーズンです。
まさに結婚するにはふさわしい時期なんですね。

ギリシャ神話が確立されたのは紀元前9世紀
およそ2900年まえのことですね…。

神々のお話の始まりは紀元前15世紀との
ことですから、それ以前から

言い伝えとしてジューンブライドはあったのかもしれません。

ジューンブライド日本はいつから始まった?

1967年に、ホテルオークラの副社長が
ジューンブライドを広めたと言われています。

しかし、日本のジューンブライドの歴史は浅いです。
そこには、こんな事情がありました。

日本の6月は梅雨。
もちろん、結婚式には不向きな季節柄
ブライダル業界の売り上げは落ち込んでいました。

そんな中
「海外ではジューンブライドと言う言い伝えがあります!」

と、提案したのがきっかけになります。

それから、日本にも浸透し、
「6月の結婚式」も日の目が見られるようになりました。

海外のハイカラな感じが、当時の若者に受けたのですね。

ただ、梅雨はどうしようもないので、最近
は特に売り上げが伸びている訳でもなく。

しかもブライダルの会場でも
「ジューンブライドだから!」と強気な
お値段を出してくるので、新郎新婦側も、特にお得なわけでもなく…。
と、いった感じのようです。

ただ、このジューンブライド、結婚式で
なくても、入籍でも良いんです。

日本ででも、梅雨のない北海道で式を
挙げるか、入籍だけ6月にという手もありますよ。

もちろん海外で挙式も良いですね。

梅雨に結婚式なんて…とお思いでしょうが
実は雨の結婚式は、縁起が良いんですよ。

次にご紹介いたします。

スポンサーリンク

結婚式雨の日ジンクス

昔から日本では、雨が降りこむ→幸せが
振り込む
と、言われているんですよ。

歌舞伎の世界でも言われていて、雨の日
の公演は、人が振るように入ってくると。

縁起が良いと言われています。

また、結婚式当日、雨でしたら、
スタッフさんや司会の方が、スピーチなど
「雨降って地固まる…」と言ってくださると思います。

新郎新婦の門出をしっかり踏み固めて
くれる恵みの雨と、とらえるんですね。

中国でも
「雨龍は縁起が良い」と言われ、神様が
恵みを授けた、しるしと言われています。

特に、フランスでは雨の日の結婚式は
幸運をもたらすと言われています。
「Mariage pluviex marriage heureux.」
(マリアアージュ、ブリュヴィウー、マリアアージュ、ウル―)

と言い、神様が祝福してくれているサインなのです。

空から天使が舞い降りているしるしとも言われています。

また
「神様が、新郎新婦が流す一生分の涙を今、流してくれている。」
と言われているんだそう。

あとは晴れ!笑うだけ!
ということらしいですよ。

キリスト教では、
「雨は天からの贈り物」
と言われ、幸せの象徴なんです。

人気のハワイで結婚式、をされる方も
いらっしゃると思います。

そんなハワイでも、
「結婚式の日に雨が降ると、幸せになれる。子宝に恵まれる。」
という言い伝えがあるんですよ。

降水量が、少ないハワイで、結婚式に
雨が降ったら、これぞ幸せのしるし。
(スコールはあります)

その後虹が見えたら…。最高ですね。
「No, rain. No Rainbow」
雨が降らなければ、幸せの虹は見えない。

お祝いムードが高まりますよ。

雨でも、天からの祝福を信じて、楽しい
一日を過ごしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

たかがジンクス、されどジンクス。

私の両親も、何十年もの結婚期間
「ジューンブライドだから幸せになれる」

と根拠がありそうでない自信を持ち続けた結果、今も夫婦円満です。

雨の日の結婚式も、ポジティブに捉えれば幸せになれる。

ネガティブに考えるより、ずっと素敵ですね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-雑学

Copyright© らいふイキイキ~お役立ち豆チャンネル , 2020 All Rights Reserved.