美瑛の青い池のアクセスで車やバスの場合は?駐車場の情報もご紹介!

美瑛の青い池

美瑛の青い池と言えば、2012年にAppleのOS X Mountain Lionの壁紙に使われました。

そのことで有名になった事を、覚えている人も多いのではないでしょうか。

私の親戚が富良野周辺に住んでいるので、昔立ち寄った事があります。

天気も良く、池も澄んでいて、とても綺麗だった事を覚えています。

青い池に、周辺の白樺の木のコントラストが、本当に美しかったです。

美瑛に行って青い池を見たい!という気持ちがあるなら、是非是非、晴れている時がオススメですよ。

そんな美瑛の青い池について、

  • 美瑛の青い池のアクセスで車の場合や住所は?
  • 美瑛の青い池の駐車場情報!
  • 美瑛の青い池が綺麗に見える時期は?

などについてまとめてご紹介していきます。

※青い池は新型コロナウイルス感染防止対策として、令和3年5月16日から令和3年5月31日まで閉鎖になっています。

目次

美瑛の青い池のアクセスで車やバスは?

美瑛の青い池は、美瑛の白金青い池(しろがねあおいいけ)と言います。

◎青い池までのアクセス方法
美瑛の青い池まで、JR美瑛駅から、車で約20分です。

近くには駐車場もありますよ。

カーナビに住所を入れる時は、「北海道上川郡美瑛町白金」となります。

もしくは、道の駅びえい 白金ビルケから近いので、道の駅から入力するのも一つの手かと思います。

バスの場合、道北バスの美瑛・白金線『青い池・白金温泉行』に乗車し、『白金青い池入り口』で下車して、徒歩10~15分程で青い池です。

美瑛の青い池の駐車場は?

青い池の入場料は無料でしたが、2020年(令和2年)4月1日から有料になっています。

※町民の皆さんなどは免除されます。

【駐車場】
料金:1回500円

収容台数:270台

時間
:5月~10月 7:00~19:00

:11月~4月 8:00~21:30

青い池駐車場ご利用後、領収書となる半券を提示すること町内の店舗でサービスが受けられます。
北海道 美瑛町 駐車場半券を利用したサービス

以前は冬季封鎖されていましたが、今は一年を通して青い池を見る事ができますよ。

時間帯としては、日の出から日没までとなっています。

ちなみに、例年11月1日~3月31日まで、夜はライトアップされるようになります。

このライトアップ期間中は夜9時頃まで見学可能となっていますよ。

ライトアップの時期は、美瑛町観光協会から『美遊バス』というツアーも開催されています。

白ひげの滝と青い池を巡る、約2時間15分のツアーとなっています。

事前に予約が必要ですが、大人2600円、子供1300円で周る事ができますよ。

美瑛の青い池はなぜ青い?

美瑛の青い池は、実は自然発生した池ではありません。

昭和63年に十勝岳が噴火した際、火山による二次災害を防ぐため、美瑛川に作られた堰堤(えんてい)だったのです。

その堰堤に水がたまり、人工の池となりました。

しかし、それだけであれば青い池にはなりませんよね。

どうして青い池になったのかと言うと、美瑛川と、近くにある『白ひげの滝』が混ざった水が池に流れ込んだ事が原因です。

白ひげの滝に含まれている成分と、美瑛川にある成分が混ざる事で、水の中に細かな粒子が含まれます。その水が、人工の池に流れ込んだのです。

この粒子が光を乱反射させる事で、池の水が青く見えるようになったのです。

そうして、たまたま出来た人工の池が、不思議と青く見える事になり、今では美瑛の青い池として有名になったのです。

美瑛の青い池が綺麗に見える時期は?

ちなみにこの青い池、時期によっても青い色合いに若干の変化があるのです。

例年5月中旬から6月下旬頃は、よく澄んだ、コバルドブルーになります。

この期間以外は、雪解け水なども池に入るので、エメラルド色が強い青い池になるのだそうです。

ちなみに、風のない朝が一番美しい青い池を楽しむ事ができます。

ですが、午前中は逆光になりますので、写真を撮るなら午後がおすすめです。

逆光でも、スマホで写真を撮って編集することも出来ます。

アプリ「Lightroom」で、編集機能で色を調整してきれいに仕上げることが出来ます。

注意したいのは雨です。

雨が降ってしまうと、池の中が濁ってしまいます。

翌日は晴れていても、池の中は雨の影響で濁っている、という事もあります。

なので、見に行くときは数日晴れや曇りが続いていると一番良いですね。

青い池を産んだきっかけと言うべき『白ひげの滝』は、四季折々で姿を変えます。

春は新緑が美しく、秋になると紅葉が滝によく映えます。

ちなみに青い池同様、冬になるとライトアップもされますよ。

美瑛の青い池の周辺観光地は?

美瑛町で青い池を見るなら、是非その周辺も観光してみて下さい。

ラベンダーなどを楽しむ事ができる『ぜるぶの丘』や、季節ごとの花々が咲き乱れる『四季彩の丘』も一見の価値ありです。

ぜるぶの丘は、「かぜ」「かおる」「あそぶ」の後ろ三文字をとって名づけられました。

美瑛は、十勝岳連峰を見渡せる場所に位置しています。

この山々を見ながらお風呂を楽しめる『びえい白金温泉』もあるので、湯治旅にもぴったりです。

ちなみに、帯広市のある十勝地方は美瑛から車で約2時間半離れた距離にあるのでご注意下さいね。

また、ラベンダーで有名な『ファーム富田』や、北の国からのロケ地がある富良野市までは車で1時間とかかりません。

『旭山動物園』や『男山酒造』『高砂酒造』などがある旭川市までも、車で約40分程の距離です。

旭川市や富良野市に宿泊して、青い池を見に行く、というのもオススメですよ。

青い池から十勝岳望岳台まで車で10分ちょとです。

『十勝岳望岳台』からなら、夏の風物詩「ペルセウス座流星群」が綺麗に見れます。

ペルセウス座流星群2021年はいつ?方角や時間帯は?注目の流星群!

まとめ

美瑛の青い池のアクセスで車の場合は?住所や駐車場情報!についてはご参考になったでしょうか。

季節によって見た目の印象が変わる青い池は、今人気の高いスポットです。

特に5月から10月頃の土日は混雑している事が予想されます。

駐車場が整備されているとは言え、時間帯によっては駐車場も混雑している可能性もあります。

なので、青い池を見に行く時間帯としては、夜明け頃から朝7時頃の早朝が一番オススメです。

混雑していないので、ゆったり青い池を楽しむ事ができますよ。

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる