2019年父の日はいつ?由来や歴史と贈るバラの色も解説!

父の日 いつ

6月のイベントと言えば、父の日です。

父に感謝する日ですね。

お父様に、いろいろプレゼントされる方も多いのではないでしょうか。

ですが、母の日に比べると注目度は低いです。

父の日がいつなのか、よくわからないって人も・・・

そこで、2019年の父の日はいつ?
由来や歴史などについてお伝えします。

スポンサーリンク

父の日はいつ?

2019年の父の日は、6月16日です。

6月の第3日曜日が父の日、というのは決まっているのですが、毎年違うので混乱しますね。

父の日は「父に感謝を表す日」です。

贈り物をしたり、感謝の気持ちを込めたカードを贈ったりと、それぞれの方法で気持ちを表す日ですよね。

父の日の由来

父の日の由来ですが
1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドという女の人が

男手一つで自分を育ててくれた父を讃えて教会の牧師さんにお願いして、自分のお父さんの誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。

ドッドさんの父親は、アメリカの軍人で、南北戦争で招集された時、彼女を含め6人の子供を母親一人で育児をしていました。

やがて戦争が終わり彼女の父親が復員した後、戦時中の過労か母親は亡くなってしまいます。

残された父親は独身を貫き、子供たちの養育を一手に引き受けました。

そして、子供たちの成人を見届けてから亡くなったのです。

末娘だったドットさんは、男手1つで育ててくれた父を敬愛し、父親を感謝する日も必要と考えました。

父の日の歴史

父の日の最初のお祝いは、その翌年の1910年、6月19日に行われました。

その時もうすでに「母の日」はあったので、「母の日と同じように父に感謝する日を」と

ドッドさんは牧師協会に嘆願し、始まったのです。

1916年、当時のアメリカの大統領のウッドロー・ウィルソンはスポケーンを訪れ、父の日の演説を行いました。

ここで「父の日」がアメリカ全土に認知されます。

さらに1966年、当時の大統領リンドン・ジョンソンが父の日を推奨する大統領告知をし、6月の第3日曜日を父の日に定めました。

1972年になってから、父の日が正式の国の記念日に認定されます。

日本では、父の日の始まりは、1950年頃。

父の日として知れ渡ったのは、1980年代になります。

デパートなどが販売戦略として、広まったと言われています。

スポンサーリンク

父の日にバラを贈る意味と色は?

アメリカでは、父の日にはバラを贈ります。

父の日の提唱者のソノラ・スマート・ドッドさんが、父の日に墓前に白いバラを供えたと言われているからです。

翌年の最初の祝典に、YMCAの青年が、お父さんが生きている人は赤いバラ、亡くなっていたら白いバラを身に着けたからともいわれています。

日本では、父の日に、黄色いバラを贈るのが定着してきてます。

母の日のカーネーションほど有名ではないのが残念ですが・・・

父の日の黄色いバラの理由として「 日本ファーザーズ・デイ委員会 」 の 父の日黄色いリボンキャンペーンの影響で、黄色いイメージが定着。

国によって父の日は違う?

ちなみに、日本の父の日はアメリカからのもの。国によって、日にちが全然違うのですよ。

日本を含め、アメリカやカナダ、イギリスでは父の日は6月の第3日曜日です。


ロシアでは2月23日が「祖国防衛の日」とされ、この日は軍人や退役軍人とともに、父や夫、男性に感謝する日になっています。
3月8日は女性に感謝する日なのです。


イタリアやポルトガルなどのカトリックの国では「聖ヨセフ(イエスキリストの養父)」に感謝する日として、3月19日が「父の日」です。

どちらか言うと、父の日=キリストの父の日という、宗教的なお祭りの日です。イタリアのジェノバでは、ゼッポレと言われる揚げ菓子を家族で食べ、ヨセフを祝福するのです。


韓国では「両親の日(オバイナル)」として5月8日にお祝いをします。

儒教の思想が強い韓国では、両親を敬う気持ちが重んじられます。

町中に胸元にカーネーションを差したお父さん、お母さんの姿が観られるのです。

ギフトとしてお花や商品券などのほか、電化製品などの高価なものを贈ることもあります。


ドイツでは国の休日である昇天日(復活祭の39日後の木曜日)が父の日(Vatertag)です。

年ごとによって違い、4月30日~6月2日の間。

この日はお父さんが友人同士で集まって羽を伸ばす日。

とにかくビールを飲む!どんなに羽目を外しても怒られない、男の日なのだとか。


台湾の父の日(父親節)は8月8日です。

パパと中国語の「八八(88)」の発音が似ている~からなのです。

家族の結びつきが強い台湾では、お父さんに個別に贈り物をするというより、家族みんなでお祝いするのです。


ブラジルで母の日の3か月後の8月の第2日曜日が「父の日」です。

1950年台にSylvlo Bheringが聖ヨキアムを賞して提唱したと言われています。

父への感謝を込めて、花やメッセージカードを贈るのだとか。


オーストラリアでは、9月の第一日曜日が父の日です。家族でアウトドアを楽しむ日として定着しています。
また、チョコレートを贈るのが定番です。


タイでは、12月5日が「父の日」です。

故ラマ9世(プミポン国王)の誕生日で、この日には記帳台が設けられ、記帳をすると銀色のものをもらえるので、そこにメッセージを書きます。木に吊るして飾るのです。
また、黄色いものを身につけたり、贈ったりする風習があります。

まとめ

2019年父に感謝する日はいつ?などについてご参考になったでしょうか。

父の日の日付は世界でバラバラですが、感謝の気持ちや、家族でお祝いする気持ちは一緒ですね。

個人的にはいつも頑張っているお父さんが羽目を外しても良い日、というドイツの父の日、楽しそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください