鎌倉 生しらすの時期はいつからいつまで?直売所はどこにある?

鎌倉 生しらす 時期
鎌倉の生しらすは美味しいですね。

新鮮な物は、苦味や臭みもほとんどなく
とろりとした食感で病みつきになります。

そんな生しらすですが
食べられる時期は、いつからいつまでなのでしょうか?

旬はいつ?直売所はどこにあるの?
について調べてみました。

スポンサーリンク

鎌倉の生しらすの時期はいつからいつまで?

鎌倉の生しらすには、資源保護のため
毎年1月1日~3月10日まで、禁漁区を設けております。

なので、生しらすが食べられる時期は
例年、3月11日から12月31日までとなります。

ですので、鎌倉では、お正月の生しらす漁は
行われないのです。

そして、漁の期間でも時々、天候不順で獲れないこともあります。
自然のものですからね…。

生しらすは鮮度が長持ちせず、生で食べられる期間が短いです。
賞味期限内に冷蔵庫内で保存していても、一日置くと、それだけで味が違います。

足の速いものなので、現地のレストランか直売所で
買って自宅で食べるしかありません。

それだけに、プレミア度も高いのです。

現地でしか、食べられないのですね~!
※生しらすの冷凍は、通販で手に入ります。

海を見て大自然の恩恵を感じながら、生しらす丼をほおばる…。
最高です!

生しらすの旬はいつ?

しらすとは白い稚魚の総称なのです。
稚魚の種類は
イカナゴ・ウナギ・カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・ニシン等です。

カタクチイワシの稚魚が1番多く
次は、マイワシ・ウルメイワシの稚魚になります。

ところで、生しらすの旬はいつなのでしょうか?

生しらすの旬は1年に春・夏・秋の3回!

実は、しらすは、禁漁区以外ほぼ漁獲が出来ます。

特に漁獲量が多いのが
4月~5月・7月~8月・9月~10月なのです。

生しらすを食べるなら、獲れたてが1番ですので
午前中がおすすめです。

スポンサーリンク

鎌倉の生しらす直売所はどこ?

そんな生しらすを買える、直売所をご紹介します!
こちらの「湘南しらす情報局」よりご覧ください。


勘浜丸(かんはままる)

鎌倉腰越でしらす漁をし、そのまま直売しているお店です。
とれたての生しらすを食べられます!
生しらすの他に、釜揚げしらす、畳いわし、腰越の地魚の干物なども販売しています。

【住所】        :鎌倉市腰越2-10-13

【電話(FAX)】 :0467-33-1779

【営業時間】    :8:00~16:00(荒天不定休)

生しらすは、その日の漁模様にもよりますが、予約いただければ確実ですとの事。お電話してみてください。

ちなみに上記のお電話でつながらない場合・・・
レストラン「しらすや」の方なら、つながるそうですよ。

勘浜丸直営のお店「しらすや」

【住所】  :鎌倉市腰越2-10-13

【アクセス】:江ノ電 腰越駅から海岸方面に約徒歩3分

【営業時間】:11:00~22:00(木曜定休)

【電話】  :0467-33-0363

【駐車場】 :10台

湘南道路134号線沿いです。
海をみながら、しらす料理が楽しめますね。

湘南しらす二色丼(1,000円)があり、
生しらすと釜揚げしらすの両方を楽しむことができます。

しらすづくし定食(1,700円)は
生しらす、白洲かき揚げ、釜揚げしらす、畳いわし、ちりめん佃煮、しらす入り味噌汁、ご飯、お新香付きです。
湘南しらすを満喫できます。


茂左衛門丸(もざえもんまる)

地元の人しか知らないツウなお店です。
ちょっと場所が分かりにくいのですが、穴場のお店なんですよ。

【住所】  :鎌倉市腰越 2-7-6

【アクセス】:江ノ電腰越駅より鎌倉方面に約徒歩3分

【電話】    :0467-31-1353

【営業時間】:7:00~18:00


勘由丸(かんよしまる)
こちらの直売所はしらす網引き漁の直売所です。通信販売もされています。

【住所】  :鎌倉市津西1-4-12

【アクセス】:江ノ電腰越駅から約徒歩12分
:湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩10分

【電話】   :0467-32-7730 (FAX兼用)

【営業時間】 :11:00~19:00 (月曜定休)

生しらすについては、漁の関係で販売していないこともあるので、お電話くださいとのことでした。


加藤丸
こちらでは、しらすの他に、わかめ(2~5月)も販売しています。小動(こゆるぎ)交差点の近くです。
荒天や完売の際には休業するので、行く前に問い合わせたほうが良さそうです。

【住所】  :鎌倉市腰越2-1-10

【アクセス】:江ノ電腰越駅から徒歩約2分

【電話】     :0467-31-0746

【営業時間】:8:30~16:00(完売まで)


もんざ丸
鎌倉材木座にあります。
生しらす、釜揚げともに各570円ですが、量が多いと評判です。しらすの沖漬けなどの人気商品もありますよ。
季節によってワカメ、タコ、カマス、イセエビ、サザエなども並びます。

【住所】    :鎌倉市材木座6-3-32
【アクセス】:江ノ電和田塚駅から徒歩約15分

【電話】    :0467-22-2960

【営業時間】:9:30~17:00


喜楽丸
生しらすももちろん美味しい直売所ですが、釜揚げしらすも人気です。
塩加減が絶妙!なんです。ぜひ、一緒にお試し下さい。

ドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地
「カフェ坂の下」がすぐ近くにあります。

生しらすがある日は午前9時ころに電話をすれば予約ができます。ない日もありますので、ぜひ電話してみて下さい。

【住所】  :鎌倉市坂ノ下21-8

【アクセス】:江ノ電長谷駅より徒歩約3分

【電話】  :0467-50-0881

【営業時間】:9:00~18:00


三郎丸
生しらすや釜揚げなど、各種そろってます。
こちらの営業は9時からですが、
朝とったばかりの新鮮な釜揚げしらすが欲しいなら、加工の済んだ10時以降に行くことをおススメします。
天日干し狙いなら、そこからさらに3時間後の夕方前あたりに。

ネット通販も、HPよりできます。
釜揚げしらす(170g) 550円
天日干ししらす(140g) 550円
ちりめん(65g) 550円
です。
14時までの注文で、即日発送してくれます。
鎌倉しらす三郎丸

【住所】  :鎌倉市坂ノ下14-21

【アクセス】:江ノ電 長谷駅より徒歩約5分

【電話】       :0467-24-1331

【営業時間】:9:00~17:30

しらすの種類ってどんなものがあるの?

鎌倉のしらすには、スーパーでは聞きなれない商品名がありますね。
こちらの意味は何でしょうか?

  • 生しらす・・・漁でとったままの、加工していないしらす。生です。お魚で言うと刺身のようなものですね。
  • 釜揚げしらす…さっと塩茹でしただけのしらすです。その分、しらす干しより賞味期限が短いのですが、生の食感が美味しいのですよ。
  • 畳いわし・・・しらすを茹でてから干して、海苔の様に、はがき大くらいの大きさの形状に乾燥したものです。

などです。

まとめ

鎌倉 生しらすの時期について
ご参考になったでしょうか。

まとめると
生しらすが、食べられる時期は、いつからいつまで?
3月11日から12月31日まで

生しらすの旬はいつ?
春・夏・秋の3回!
4月~5月・7月~8月・9月~10月

鎌倉の直売所はどこ?
「勘浜丸」「勘由丸」「茂左衛門丸」「加藤丸」
「三郎丸」「もんざ丸」「喜楽丸」

しらすは、禁漁の終わった3~4月も、不漁が続くことがあり、5月以降がおススメです。

プリッとした春のしらす、脂ののった秋のしらす。ぜひ両方楽しんでくださいね。

そして、生しらすを食べるなら、事前にお店にお電話したほうが確実です。

わざわざ足を運んでも、しけや不漁で食べられない日もありますので…。

美味しい海の恵みをご堪能下さい。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください