青森花火大会ねぶた2019のおすすめ有料観覧席と購入方法は?

青森花火大会
青森の夏と言ったら「ねぶた祭り」ですね。

2019年(令和元年)は、8月2日~8月7日まで

この「ねぶた祭り」は6日間に渡って、行われ最終日のフィナーレとして

青森ねぶた祭協賛第65回「青森花火大会」が開催されます。

歩道橋に頭がぶつかりそうなほど大きな「ねぶた」5台が船に乗って海上をねり歩き

防波堤からは11,000発もの花火が打ち上げられます。

また、横浜を出港した豪華客船「飛鳥Ⅱ」も停泊し

「ねぶた」「花火」「飛鳥Ⅱ」

見事に調和して華麗で豪華です。

この3ショットはぜひ見たいですね

青森花火大会のおすすめ有料観覧席と日程について紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの有料観覧席は?

青森花火大会ねぶたの有料観覧席以外にも、無料エリアはありますが

「ねぶた」「花火」「飛鳥Ⅱ」の

3ショットを見るなら

有料観覧席がベストです。

2019年(令和元年)の有料観覧席は1万5660席

青い海公園・青い海公園西側・新中央埠頭の3箇所でそれぞれA席B席があります。

新中央埠頭にC席が、ありましたが、「国際クルーズターミナル」新設に伴い、C席は設置しません。

A席の有料席数

  • 青い海公園➡4,304席
  • 青い海公園西側➡1,923席
  • 新中央埠頭➡6,300席

B席の有料席数

  • 青い海公園➡1,000席
  • 青い海公園西側➡1,011席
  • 新中央埠頭➡1,122席

思いっきり楽しむならA席の青い海公園・青い海公園西側・新中央埠頭が、ねぶた海上運行がばっちり見れておすすめです。

B席はねぶたが少し遠くになります。

おすすめは、新中央埠頭のA席

「豪華客船飛鳥Ⅱ」が近くで見れ感動します。

観覧席早見マップ → 「観覧席マップ」

有料観覧席購入するには?

観覧席料金は

・A席4,000円
・B席3,500円

・A席
(青い海公園西側・青い海公園・新中央埠頭)

・B席
(青い海公園西側・青い海公園・新中央埠頭)

有料観覧席の発売日は

2019年7月7日(日) 午前9時から一斉発売

販売窓口は

・東奥日報旅行センター(予定)

・ローソンチケット

・チケットぴあ(予定)

「青森花火大会実行委員会」

初日7月7日のみ、アスパム1階イベントホールでも購入出来ます。

障害者手帳をお持ちの方は
500円割引になります。
(東奥日報旅行センターのみ販売予定です。)

観覧席は、全席指定でパイプ椅子です。

スポンサーリンク

青森ねぶた祭協賛 青森花火大会の日程

515ef3f145a0377d1c08223b220589ab_s

【開催日】   :2019年8月7日(水)

【打ち上げ場所】:青森港西防波堤、北防波堤

【打ち上げ時間】:19:15~21:00

【打ち上げ数】 :11,000発

【特徴】  :2尺玉(直径470メートル)
大型スターマイン(50連発)

※8月7日が荒天の場合は8日に順延、8日も荒天の場合は中止になります。
(順延・中止決定時刻 15時)順延・中止の場合は専用電話 0180-991872 および花火大会HPで

【お問合わせ】
青森花火大会実行委員会

【アクセス】

JR青森駅東口
青い森鉄道青森駅東口からいずれも徒歩10分

【交通規制】
17:30~21:30
会場周辺、安方町への進入禁止、青森ベイブリッジ通行禁止

まとめ

青森花火大会ねぶた
青森花火大会ねぶたと花火の競演は、県外からもたくさんの人が訪れますので

ゆっくりと花火とねぶた海上運行を見るなら有料観覧席がおすすめです。

人気のチケットです!

売り切れ次第販売終了になりますので注意して下さい。

「ねぶた」「花火」「豪華客船飛鳥Ⅱ」の3ショットは間違いなしの

夏の大切な思い出になりますね

※その年によって8月でも寒い日がありますので注意して下さい。

何か羽織るものあると安心です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください