子育てで誰にも聞けないお金の不安・悩みを少しでも軽くする方法!

子育てをしていく上では
楽しみもあるけど
不安なこともたくさんありますよね。

その1つがお金について、という方も
たくさんいるのではないでしょうか。

妊娠中に、
いろいろなベビー用品を揃えているうちに、

「あれ?ベビー用品って意外と高い…」
「子どもが生まれたらもっとお金がかかってくるだろうし…」
「これからお金の面は、大丈夫かな?」

なんて不安になることも・・・

このような同じ悩みを持ったあなたに!

この記事を読んでもらい、
これから子育てしていくうえで
子どもにかかるお金について
少しでも不安が軽くなればいいなと思います。

スポンサーリンク

子育て何より大切なお金の事!ほんとに必要なものだけ揃えよう

妊娠中にベビー用品を揃えていくうちに
予想外に大金が出ていってしまって、
どうしよう!?

なんて焦っている方いませんか?

そんな方は、まずベビー用品についての
こういったものを揃えておきましょう、
などと書かれているもの、

全て揃えようとすることは、やめましょう。

子どもが生まれる前に
揃えなければならないものって

意外と少なかったりするんですよ。

というのも、
「子育ての本を読んで、必要と書かれていたし…」

と全部揃えてみたのはいいけど
実際使わないものがたくさんあった、
という方、たくさんいらっしゃいます。

例えばベビーミトン。

「爪が伸びてきて顔を傷つける場合があるから」
と買ったはいいものの・・・

ミトンをつけると暑いし、
子どももミトンが嫌なのか
すぐ取ろうとします。

「爪は伸びたと思ったら
すぐに切ってあげていたので
ミトンの出番は全くといっていいほど
ありませんでした。」

なんてこともありますね。

このように、
買ったはいいものの出番がなかった、
っていうものがたくさん出てきては、
それこそいらない出費ですよね。

なので、

揃えるものは最低限必要なもの

でいいと思います。

いざとなれば、今は産院でも薬局でも
「ベビー用品」を売っているお店は
たくさんあります。

それにネット通販もありますので、
どこででも購入しやすいと思います。

もし、近くに子育て中の
ママさんがいらっしゃる場合は
実際に使用したものや必要なかったものを
聞いちゃいましょう。

近くに聞く人がいない場合でも

今はインターネットで調べられますよ。

また、「ベビー用品」が売ってあるお店の
店員さんに聞いてもいいですね。

子どものことを考えると
いろいろなものを揃えて
あげたくなっちゃいます。

けど、これは本当に必要か
一度確認してから購入するようにすると、

少しでも出費をおさえることができますよ。

スポンサーリンク

子育てで「行政からの補助金」はしっかり貰いましょう

今は、
出産一時金や

育児休暇中の方であれば
育児休業給付金などをもらえることは
知っている方も多いと思います。

また、住んでいる地域で
母子手帳を交付してもらうと
妊婦健診で使える補助券
もらうこともできます。

ですので、検診費用も自己負担は
あまりなく診察してもらえることも
ご存じかと思います。

では、子どもが生まれたら

児童手当というものがもらえることは
ご存知でしょうか?

世帯の収入や
住んでいる地域によって
金額は異なります。

でも何ヶ月かに1度、
まとまったお金を
もらうことができます。

これは生後○日以内に申請してください、
といわれているところが多いです。

一度ご自身の住まれている地域では
産まれてからどのくらいまでに
申請をしておかないといけないのか?
しっかり確認しておきましょう。

この児童手当、早いうちに申請して
しっかり受給しておくほうが得ですよ。

これから、今までの家族に
+1人が増えるわけですから、
家計が苦しくなることも
当たり前にあります。

そういう時に
この児童手当をもらえたら
とても助かりますよね。

児童手当、
子どものためにすべて貯金をして
学費につぎ込んであげたい。

そう思われる親御さんも
たくさんいます。

でも目の前の生活が
苦しくなるようでは本末転倒です。

今は、目の前にある生活を
守ることが大切ですよね。

なので、子どものために
しっかり使っても大丈夫ですよ。

考え方は人それぞれです。

もちろん無駄遣いになるようなことには
使わないことが一番ですけど
子どものためならしっかりお金を
かけてあげちゃいましょう。

また、それでも生活が苦しいかも、
と思われる方がいらっしゃれば

住まれている地域の保健センターに
相談しましょう。

何かしらの支援や手立てを
教えてくれると思いますよ。

私も出生届を提出に行った際に
「お困りのことがございましたら
いつでも相談にきてくださいね」
という言葉をかけてもらいました。

あなたの悩みにも、
きっと相談に乗ってくれますよ。

まとめ

お金のことになると
中々、身近にいる友達やママ友に
相談しにくいですよね。

そういう時は第三者の方に
相談にのってもらうことも
いい方法だと思います。

まずは、自分のできることから始めて
生活を見直していきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください