子育て中の体調不良はストレスから!不安定な産後の体との付き合い方

子育てをしていく中で
「あれ?なんか体調が悪いな」
「子どもが生まれる前はこんなことなかったのに…」
などと思われている方、いらっしゃいませんか?

慣れない子育てに悪戦苦闘して
小さなことでストレスを感じてしまう。

そのストレスが
いつの間にか溜まっていき、頭痛や、
酷いときはうつ病になってしまうことも。

でも、子育てをやめるなんてできないし、
体調が悪くなったら余計ストレスになって、
子どもにも強く当たってしまう…

もう、どうしたらいいのかわからない!

そうなる前に
体調が悪くなる前に!

早めの予防が必要です。

子育てからくる体調不良の予防
産後の不安定な体の付き合い方
についてお伝いします。

スポンサーリンク

子育て中はストレス過多や体調不良になる前に予防しよう

では、子どもが生まれる前の体とは

違って体調を崩しやすくなっている今、
何をしたらいいのか。

ずばり、予防です。

「え?そんな当たり前のこと?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが
意外と予防しきれていない人も
たくさんいると思います。

予防をすれば、
完全に病気にならないかといえば、
もちろん嘘になります。

ですが予防をして防げる病気も
もちろんありますよね。

まず外から帰って来たら

手洗いうがい。

これはもう当たり前と
いってもいいでしょう。

しかし、手洗いはちゃんと
石鹸で洗っていますか?

水洗いで適当に済ませていませんか?

石鹸で爪の中まで
しっかり時間をかけて洗いましょう。

爪の中には菌が
たくさんいるんですよ。

また、こどもがいる場合は
こどもにもしっかり手洗いうがいを
するように促しましょう。

どこでどんな菌を
もらってきているのか分かりません。

子どもにうつってしまうと

抵抗力が弱いので、

なかなか治りも悪いです。

それに看病していくうえで
自分自身にもうつってしまう
って事もあります。

なので子どもと一緒に
予防をしていくことが
大切になりますね。

次に、部屋の換気は
できていますか?

寒いから、暑いからといって
部屋の換気が十分にできていなくて
菌が部屋中に広がってしまうと
体調を崩しやすくなりますね。

1日1回はなるべく部屋の中を

換気するように心がけましょう。

朝起きて窓を開けて
空気の入れ替えをすると
気持ちもスッキリするので
お勧めですよ。

そして一番重要なことが
十分な睡眠と健康的な食事ですね。

睡眠不足だと眠くてイライラしますし、
偏った食事ばかりしていると
体力が落ちてしまいます。

だから体の中に入ってきた悪い菌と
戦うことができませんよね。

当たり前のことですけど、子どもがいると
どうしてもおろそかになりがちな2点ですが、
普段から意識して生活しておくと
少しでも変わってくると思います。

ゆっくりご飯が食べられないのであれば
丼にして野菜もお肉やお魚、
ごはんもいっぺんに摂取しちゃいましょう。

十分な睡眠がとれないのであれば
子どもがお昼寝をするときに
一緒に添い寝をして
少しでも寝るようにしましょう。

これだけで、また体調面でも
精神面でも変わってくると思います。

日頃から少しずつ小さなことの積み重ねで
これからの将来が変わってくると思えば
頑張れると思いませんか?

無理してストレスになると
それはまた話が変わってきますので
くれぐれも無理のない程度に行える、
ということがポイントですよ。

スポンサーリンク

出産後の体は産む前とは全然違う

まず、子どもが生まれる前は
ほとんど風邪や熱なんて
かかったことない。

体調不良にならなかった、
という方、女性だと結構多いですよね。

幼い頃は別として、大人になって
体調不良になったことなんて、
ほとんどなかったのに・・・

子どもを産んでからは

頻繁に風邪を引いたり、頭痛がひどかったりと
体調が良くない日も多々あります。

子どものためにも
元気でいれることが一番なのは
わかってはいるけど・・・

以前のように生活をしていると
どうしても体調が優れない日もありますね。

それは、寝不足などによって体力が低下し、
また免疫力も低下しているので
少しの菌でもすぐに風邪を引いたり
熱を出したりしてしまうからです。

なので子どもが生まれる前と
同じと思っていたら
まさか体調を崩しやすい体になっていた、
という訳なんですね。

でも、体調が悪いときに限って
子どもがグズグズいったり、
言ったことをすぐしてくれなかったり
思うようにいきません。

その事にまたイライラしてしまって
ストレスが溜まって体調が悪化、
悪循環に陥ってしまうこともあります。

体調が悪いときは
疲れやすいこともあってか、
いつものように接してあげられませんよね。

自分の余裕も無くなってしまって、
どうしても怒りっぽくなって
しまうんですよね。

子どもが生まれる前の体とは全然違って

自分が思っている以上に

体調が悪くなりやすいこと。

そのことにより
気持ちに余裕がなくなってしまって
ストレスが溜まりやすくなってしまうことを
頭の片隅にでも入れておきましょう。

まとめ


体調が悪くなってしまうと
いいことなんてありません。

自分も家族もみんな元気で
過ごすことが一番大切です。

そのためにも今、できることを
少しずつでもしていきましょう。

風邪や病気に負けない強い体を
つくっていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください