授乳中にこだわりのおやつ!赤ちゃんに良い影響を与えるおすすめは?

妊娠中には、色々なものを食べないよう、
ガマンしますよね。

そして、いざ出産。

「これで色々食べられる!」
と思いきや授乳中にも、
食べてはいけないものって

たくさんあるんですね。

ところで産後、
満足にご飯が食べられないと聞きます。

そうなると、ついおやつを
つまみますよね。

実はそのおやつ、

赤ちゃんに良い影響を与えるものもある

ってあなたはご存知でしたか?

知らなかった!
と後悔する前に、良いおやつについて
調べてみました。

スポンサーリンク

授乳中には全ての食べ物が重要!赤ちゃんに影響を与えるお勧めがこれ!

実は、授乳中に悪い食べ物って
まだ研究途中です。

それでも食べ物は
母乳に少しでも影響する
と考える方が多くて

様々なおやつが紹介されています。

○ ゼリー

手作りのゼリーは、
簡単に作れるので人気です。

中に入れるものを変えると
味にも変化が出ますし、飽きにくくて
低カロリーにも作れますので、
おススメですよ。

○ おにぎり

おにぎりも、
あるもので簡単に作れて人気です。

中身を変えるだけで
バリエーションも増えますし、
のりを巻く、巻かないだけでも
ずいぶんと違います。

○ さつまいも

ふかしたり、煮たり、焼いたり、
という声が多かったです。

食物繊維が必要らしいのですが、
その中でも食べ方に幅があり、
工夫しておいしく食べられるさつまいもが
よく挙がりました。

○ ナッツ

腹持ちがよくて、
ビタミンや食物繊維が豊富なナッツは、
授乳中のおやつにピッタリです。

ただし食べ過ぎると
脂質が気になりますから、
ほどほどにしてくださいね。

○ 食パン

食パンも、手軽に食べられます。
サンドイッチにしてみたり、焼いたり。

もちろん具材の油などには
気をつけてくださいね!

○ ベビー用お菓子

ベビー用のお菓子は
味付けが薄いものが多いですので、
悪影響は出にくいです。

さらに、赤ちゃんの成長度合いによっては
一緒に食べられます。

○ にぼし

脂質は高めではありますが、
母乳に欠かせない栄養素が豊富で、
脳にいいといわれるEPAやDHA
たっぷり入っています。

塩を添加しているものは、
むくみや高血圧の原因にもなりますし、
塩を添加していないにぼしを
選んでくださいね。

○ ホットケーキ

実はホットケーキ自体には、
あまり脂質って含まれないんです。

脂質の塊のようなバターや
マーガリンはつけない事。

メープルシロップなどだけで
おいしく食べてくださいね。

スポンサーリンク

○ ごぼうチップス

母乳を増やすには根菜類
いいと言われています。

本当は揚げない方法もあるようですが、
やっぱり揚げ物はおいしいので、
少しだけなら食べたいですね。

○ バナナ

フルーツの中でも、
体を冷やさないバナナです。

なんでも甘いお菓子は
母乳が詰まりやすいようですが、
バナナなどの果糖ですと大丈夫、
と言われています。

○ たい焼き

甘いものはダメなのではと思ったのですが、
アンコなら母乳が詰まりにくいそうです。

たい焼きは生地に脂肪なんて、
あまりなさそうですね。

○ 豆乳クッキー

クッキーですと、
脂質や糖分が気になりますね。

甘いものを食べると、
母乳が詰まるようですしね。

でも豆乳クッキーならば
原料はおからですし、安心です。

ただ授乳に良いおやつを
羅列しただけでは?
と思いますよね。

でも、おやつを食べるって
お母さんのストレス解消になりますし

母乳育児ってとってもエネルギーを使います。

途中でお母さんが倒れてしまっては、
赤ちゃんも大変ですよ。

母乳によかったり
栄養がよかったりするものもありますので、
上手に選んでみてくださいね。

甘いもの?辛いもの?授乳中に意識するべきこと

甘いものが悪いとか、
辛いものを食べると母乳がまずくなる。

それって実は、医学的にも
科学的にも証明されていません。

それよりも大事なのは、
お母さんの状態、母乳の飲み具合です。


● お母さんの栄養は足りていますか?

栄養が足りずフラフラ状態ですと、
満足に子育てできませんよ。


● お母さんの水分は足りていますか?

母乳ってほぼお母さんの血液ですし、
それだけ水分が必要です。


● お母さんの睡眠は足りていますか?

睡眠不足ですとフラフラしてしまいますし、
赤ちゃんと一緒にお昼寝しても
いいと思いますよ。


●ちゃんと赤ちゃんは母乳を飲んでいますか?

母乳を欲しがったと思ったら
顔を背ける、なんてしていませんか。

ケープをかぶせて、
他を見られなくするとか。
テレビやスマホは見ないようにするとか。

いっそ卒乳させてしまうとか、
あると思います。

お母さんも赤ちゃんも、
辛くないようにしたいですね。

まとめ


いかがでしょうか?

そういえば聞いた話なのですが、
親が読書をしていると、
赤ちゃんも本が好きになるそうです。

おやつはあくまでお母さんの
エネルギー補給として考えて、
赤ちゃんへの教育は
それから考えてもよさそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください