子育て

子供のおねしょが治らない原因って何?育て方じゃない!

子供のおねしょってよくあることですよね。

でも大きくなれば治るだろうと思っていたのに、
いつまでたっても治らないと


お母さんとしてはちょっと心配ですよね。

「何が悪いのだろう?」

「育て方が原因かも?」

と不安になりますよね。

そこで
子供のおねしょが治らない原因は?
おねしょを治すには?
子供のおねしょについて調べてみました。

スポンサーリンク

見落としてない?実はおねしょの原因は意外なところにも!

おねしょは排尿機能が未発達な子ども
多く見られ、個人差が激しく

5歳で15~20%、10歳で5~10%ぐらいは
おねしょしているんですよ。

成長するにつれ治まっていくものですが、
治ったと思っていても
激しいストレスを感じる
おねしょを、してしまう場合もあります。

例えば、学校でいじめをうけていたり、
両親の喧嘩が耐えず不安定な毎日を
過ごしていると、

自律神経が乱れて

おねしょしてしまう、
というケースもあります。

また、下の子が生まれて、
あまり構ってあげないと
不安感に襲われて赤ちゃん返りをし、
おねしょしちゃうときもあります。

おねしょを、してしまって強く
怒られたりすると、

プレッシャーでストレスが溜まり
ますます悪化する場合もあるので

イラつくのはわかりますけど、
注意するのはほどほどにね。

また、普段の生活の中で、
水分や塩分の取り過ぎは
おねしょにつながる時もあります。

おやつに塩の多いスナック
菓子を良く食べると
自然とのどが渇き水分の摂取量
が多くなってしまい

夜、寝ている間の8時間から10時間の間の
おしっこを溜めることができません。

塩分の取り過ぎに注意しながら、
午前中は水分を多めに
午後から控えめにして
寝る2~3時間前ぐらいから
少なめにするなど、

水分の摂取量を調整してみましょう。

まれに膀胱や腎臓に疾患がある子供は、
おねしょや昼間でもお漏らしを
よくしてしまいます。

10歳を過ぎても頻繁におねしょを
してしまうようなら

小児科や泌尿器科に訪れてみるのも
一つの方法です。

スポンサーリンク

育児方法?性格?規則正しい生活がおねしょを治す何よりの近道

トイレトレーニングもして
めでたくおむつもとれたはずの子供が、
どうしてもおねしょだけは治らない。

どうして? 布団も汚れるし困っちゃう、
と悩んでいるお母さんもおられるでしょう。

おねしょをしてしまうのは、

世界中の子供に見られる現象です。

まだ体ができていない子供は、
膀胱を締める筋肉も発達しておらず、
深い眠りで膀胱が満タンになって
いるという指令を脳に伝達できません。

大人だって疲れ切って眠ると
おねしょしちゃう場合もあります。

さらに子供はまだ膀胱の大きさも
成長しきっていないので、
一晩の間に溜まる水分と膀胱の大きさが
あっていない場合もあります。

おねしょは全くしない子から、
高校生になっても、まだしてしまう
という子もいます。

3~4歳ぐらいなら、
まだまだ心配する必要はありません。

なるべく早く治したいのが親の本音でしょうね。

しかし、おねしょするたびに強く叱っても

あまり効果はありません。

子供だってしたくてしているわけではない
のですから、叱られることで
ますます委縮してしまいます。

それより、早寝、早起き、三食キチンと
食事をし、規則正しい生活をして健やかに
成長すれば、おねしょも徐々にしなくなります。

寝る前にトイレに行くことを
習慣づけましょう。

水分の摂取を制限する方もおられますが、
熱中症や脱水症状の方が怖いので
ほどほどに。

最近は防水シーツや紙パンツなども
ありますので、利用されてもいいでしょう。

子供も気にしていて
恥ずかしいと感じているでしょうから、
責めたり他の子と比べたり嫌味を
言ったりしたらかえって
逆効果の時もあります。

「ま、そのうち治るでしょう」と
開き直っちゃいましょう。

まとめ

子供のおねしょはよくあることで、
成長すればほとんど治まっていきます。

あまり神経質にならず、
のんきに子供の成長を待ちましょう。

10歳になっても毎晩するようなら
お医者さんに診てもらうといいですね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-子育て

Copyright© らいふイキイキ~お役立ち豆チャンネル , 2020 All Rights Reserved.